【ポケモン:ソード・シールド】クリア後の感想とレビュー

ポケットモンスター_ソード_シールドゲーム

 準据え置きとも言える、「ニンテンドースイッチ」初の「ポケモン」シリーズの続編

ポケットモンスターシールド』をクリアしました

その感想と、評価のまとめです

↑発売当時の感想

スポンサーリンク

感想と評価:ここが今作で面白い

  • メインストーリーの演出
  • ワイルドエリア
  • BGM
  • 厳選が楽

 以上、4つの項目を詳しく説明していきます

メインストーリーが盛り上がる

 従来のストーリーと目的は変わりません

しかし、演出の盛り上がりが過去作よりも高い


とくに、ジム戦が豪華

観衆の前でのジムリーダー戦は「ダイマックス」と合わさり、大迫力です

ワイルドエリア

 ガラルマップの、縦中央をつらぬく広大なエリア

そこに強力なポケモンが配置されている「ワイルドエリア


これが無ければ『ポケットモンスターシールド』の魅力は半減してたと言えます

疑似的なオープンワールドのようでした

BGM

 ポケモンのBGMは個人的に好きな曲が多く

過去作では、「グリーン戦」、「自然公園」、「ルネシティ」、「ハクタイのもり」、「209番道路」,「ミオシティ」、「勝利は目の前」、「10番道路」、「ミアレシティ」、「X・Yのチャンピオン戦」

などなど、書くとキリがないほどです


「ソード・シールド」で気になったのは、「マリィ戦」,「ビート戦」,「ジム戦」,「チャンピオン戦」

ポケモンの戦闘を盛り上げるBGMが多めでした


注目なのは、後半に登場する1曲

Undertale』にでてくる「Toby Fox」さんが曲を提供

Megalovania』のBGMを手掛けた方で、曲調が似ています

厳選が楽

 クリア後のやり込みとして、タワーバトルがあります

レンタルポケモン」を借り、挑戦することも可能


厳選自体も「ワイルドエリア」で高個体値が出やすく、育成のハードルは下がってます

気になる点もあるわけで…

・ポケモンのデザインが…

 あくまで個人的な感想ですが、やっぱり気になったところ


まぁ、そのうち慣れるんですが…

・Getしにくい

 ボール投げても全然入ってくれません

ノーマルボールを結構消費しました

・段差を超えられない,降りられない

 過去作と比べ、よりリアルになったポケモンのマップ

その反面、ちょっとした段差なんかを降りられないんです


わざわざ迂回したり、そこがかなり違和感がありました

リアルになった分、「なんだかな~」といったところ

・ストーリーが短い

 「人生縛り」でプレイしていたので、通常プレイの感想とは違いますが

クリア時間は、20時間程

縛りプレイでも短めに感じました


ストーリーが短いほうが好きなら、気に入るハズ

・ポケモンのリストラ

 これが最大のマイナスポイントです

ポケモンの選考基準がよくわからない


作業が追い付かないとか、容量の問題など噂されますが

後日追加するなり対策はあるはず

これについて説明がないので、不信感が残ります


◎追記

DLCが追加されました

容量の問題ではなく、作業量の問題のようです

・ポケモンバグについて

 ここで少しふれようと、調べました


その結果、「スイッチが破壊される」や、「セーブデータが壊れる」というような噂があります

しかし、再現性の高い情報ソースはありませんでした

まとめ

 リストラや、対戦環境の一新がありました

総評として、買ってよかったと思います


特に、「ワイルドエリア」,「ストーリー演出」

これらは過去作では味わえない要素です


年末商戦で剣盾ユーザーはより増えるでしょうが、

ポケットモンスターソードシールド』のさらなる盛り上がりが楽しみです


対戦環境についての、レビューも別に書いていこうと思います

↓新投稿など予告する時はここ

コメント

タイトルとURLをコピーしました