【イエスタデイをうたって】5話:アニメの評価と感想

イエスタデイをうたって_感想_評価_5話_サムネVideo

 98年から連載されていた冬目景先生の漫画『イエスタデイをうたって』が4月4日からアニメが放送されました 

 Amazon Prime Video・FODオンデマンド・U-next・Dアニメ・Netflix、と国内の動画配信サイトではほとんど視聴可能

スポンサーリンク

第五話「ミナトという男」の解説と感想

 毎週のお楽しみ『イエスタデイをうたって』の脚本考察

個人的にマンネリ化してきたか?…と感じてきたので

今回は起承転結で第五話を分析します!

・一話目の記事↓

・四話目の記事↓

5話:ストーリーの解説

 今回は三幕構成ではなく

日本式の起承転結でストーリーを分析しますが

起承転結って難しい!

と言うのも、各パートの尺の取り方が難しい(特に一幕に相当する序盤)

三幕構成なら

  1. 問題提起
  2. 解決する工程
  3. 解決と結果

とシンプルで使いやすい(個人的には)

起承転結の場合

  1. 起:問題の前触れ
  2. 承:問題の発生と解決の工程
  3. 転:問題の状況転化
  4. 結:問題の解決、まとめ

説明を書いているだけで複雑…

承の部分が長すぎたり、転がもはやプロットポイントなのでは?

もともと起承転結は漢詩の構成を現す言葉。

シナリオ用の構成ではないのです

そんな起承転結で今回は解説

第五話「ミナトという男」の分析

 第五話はリクオがいきなり写真のバイトを始めています

職場に新キャラ「ミナト」が登場

職場にきたハルを見たミナト。どうやら二人は知り合いのよう

 3人で昼を食べることになるが、

ミナトはリクオにカメラのことで意見する

帰り際、ミナトはハルのバイト先を聞く

そして、さっそくハルのバイト先を訪ねた、ミナト

 ここでは日常と問題が起こる前触れのパートになります

ミナトとハルの出会いが問題の起こる前触れ

 場面は変わり、リクオは同窓会の帰りで榀子と帰宅途中

一方バイトが終わり、ハルはミナトに送ってもらう

リクオたちとハルたちがバッタリ出会うが、リクオはあえてスルー

リクオのスルーに腹を立てる、ハル

 怒ったハルはミナトと道草を食う

ミナトはハルへの好意を匂わせるが、こちらもスルー

実は高校時代、ハルはミナトの撮った写真を欲しがり受け取っていた

 リクオのバイト先、リクオとミナトの関係はギクシャク

ハルからの好意を無視するリクオに、ミナトはイラつく

リクオを待つハルだが、リクオはハルの誘いを断り一人で帰ってしまう

 承なが!!

問題が発生してストーリーが進んでいくんですが、

基本的にハルとミナトの好意が一方通行

 なんだか、リクオがハルを意識し始めた模様

気にしてなかった異性に恋人が出来そうになり、急に意識し始める

なんという、ありがちな展開!

とは言え、王道も大事なのが脚本術

 翌日、港を散歩する2人

ミナトはハルに自分の気持ちを伝える

しかし、ハルは「いまの諦めると後悔するかもしれない」と断る

ミナトは写真の勉強をするため、海外へ行くことを伝える

 文字通り、状況が一気に転じます

 リクオの職場の写真コンクール

リクオの撮った写真は選外

一方、ミナトの撮ったハルの写真が入選していた

ここでリクオの実力不足が…

 試合に勝って勝負に負けたミナトの回でした

第五話「ミナトという男」の感想

 すこし、間延びしてきた『イエスタデイをうたって

ここで新キャラを使って、リクオの意識をハルへ向けました

全体のストーリーとしては進んでいませんが、

リクオとハルの動機付けになる回でした

 ところで、飯を食べているシーンで妙に馴染むリクオとハル

なんだかんだこの二人がしっくりくる気が…

 ハルが高校を辞めた理由やカラスを連れている理由など

気になる点は多々ありますが

第六話以降はストーリーが進むことに期待

―以上、第五話「ミナトという男」の感想でした―

コメント

タイトルとURLをコピーしました