【モンハンライズ:攻略日記 四日目】初心者双剣の成長記録

ゲーム
スポンサーリンク

四日目:初心者双剣の反省

反省点

  • 双剣の属性
  • もっと研ぐ
  • ガルク→空中回転剣舞→咆哮を食らう

 反省のために、プレイを動画に残している

レイアや、バサルモス相手に、炎双剣のシルムズベネットⅠで挑んでいた

なぜこんな暴挙にでたのか、全く思い出せない


以前の記事でも書いたとおり、物理ダメージには、下方修正がはいる双剣

補正のかからない属性ダメージが、双剣のメイン火力


レイア相手には炎攻撃は無効

物理ダメージのみで戦っていたことになる

いくら序盤とはいえ、有効な属性がないときの無属性武器くらい用意しておくべきだった


武器の研ぎや、空中回転剣舞からの朧翔(無敵回避)に失敗するなど

まだまだ反省するべきプレイが多かった



四日目:初心者双剣の討伐日記

ビシュテンゴ

猿蟹合戦を仕掛けてくるモンスター

注意するのは投げてくる、3種類の柿?のような果物


三種類の果物

  • オレンジ:通常ダメージ
  • 赤:毒状態になる
  • 黄色:あたると気絶、潰すと閃光

投げた後隙を狙えば、被弾しにくい

尻尾で立ち上がった時は、攻撃は控えめに


突進と、柿を投げてくる攻撃に注意すれば乙ることはなかった


というかビシュテンゴに関しては、投げすぎだと思う!

加減というものを知ってほしい

トビカガチ

 その名の通り、とびかかる攻撃が持ち味

おもにシッポを中心とした前後に判定がある攻撃をくり出す


常に側面から攻撃すれば、被弾することなく討伐

動きが速いモンスターだったが、すばやい双剣とは相性が良かったと思う


はりつき中に攻撃すれば、怯ませることが可能

ベリオロス

 ”最強のモンスター”という疑惑があるベリオロス

長い胴体と、シッポから、ダイナミックな攻撃をくり出してくる


キャラクターの「注意しろ」などの警告のあと、ベリオロスが飛びかかってくる

腕のヒレが思ったより攻撃範囲が広いので、ヒレの破壊を狙うのがおすすめ


ところで、なにが最強かというと、狭いところに逃げ込まれると手が付けられなくなるから

通路などで暴れられると、ずっとベリオロスのターンになる

実際に、寒冷群島の8番に逃げられ、壁を使ってシバかれた

バサルモス

 全身ガッチガチのバサルモス

肉質が硬いので、双剣だと不利な気がするのは気のせいか

足元なら攻撃が通るので、そこを狙っていく


突然、催したように放屁のような攻撃を仕掛けてくるのも要注意

煙を放出する直前、身体から漏れ出るので、その瞬間距離をとるようにする


入れ替え技で鬼人空舞にすることもできたが、入れ替え技を発見したのがこの後

結果的には、鬼人突進連斬を選んで正解だった


攻めすぎて煙攻撃を食らうのを避ければ、これといった注意点はなし

ノソノソしている動きが、モンスターの中では愛らしいと思う

フルフル

 モンハン未プレイなワタシでも知っていた有名モンスター、フルフル

グロテスクな見た目と、電撃や、伸びる首など、和風の今作とあいまって妖怪じみている


攻撃パターン

  • 首伸ばし
  • 飛びつき
  • 電撃

見た目だけでなく、触るのに躊躇する

一つ一つのモーションは遅いので、後隙を狙えば良かったと反省


あとやたら咆哮して、うるさい

リオレイア

 体験版の頃から、わりと得意なモンスター

足元にいると、なぜか攻撃を食らわない


注意するのは、飛行からのサマーソルトと、突進

サマーソルトはキャラクターの「注意しろ」があるので、双剣の機動力なら安全に避けれた

逆に突進は、掛け声がないので注意する

コメント

タイトルとURLをコピーしました