【Batman – The Telltale Series:感想・レビュー】もしあなたがバットマンだったら

ゲーム
スポンサーリンク

どんなゲーム?

 いきなり、ここで問題

 キャットとの戦闘中、彼女に「なぜバットマンになり、戦うのか?」と問われた

もし、あなたがバットマンなら、どう返答する?

選択肢は、以下の4つ


  • Y:…(無言)
  • B:誰にもできないことだから
  • A:スリルを味わうため
  • X:街を守るため

『Batman – The Telltale Series』をプレイ中、突然こういった選択肢が現れる

選択肢によるキャラの言動が変化

そして、QTEによる戦闘により、ゲームが進んでいく


有名なタイトルでは、『デトロイトビカム ヒューマン』に近い


デトロイトと違うのは、主人公ブルース・ウェインの会話選択肢でルートが決まる点

基本4つの選択肢から、言動を選ぶと、周りからの人物評価が変化する


このゲームの面白い試みは、その選択肢をオンラインによる投票制

最大4人による、多数決で遊ぶことができる

投票するには、Telltale社のアカウントをつくる必要がある

評価

Batman - The Telltale Series on Steam
Enter the fractured psyche of Bruce Wayne and discover the powerful and far-reaching consequences of your choices as the Dark Knight.

 特徴的だった、以下4つを紹介

以前プレイした『アーカム』シリーズと比較して説明する

QTE

 バットマンと言えば『アーカム』シリーズを思い出す人が多いと思う

プレイしてみて、映画のバットマン作品より、面白いと思ったほどだ

(未プレイの人は、ぜひ遊ぶことをおすすめする)


『アーカム』は、アクション慣れしてない人だと、かなり苦労する

スーツによる肉弾戦、ガジェットを利用したアクション、バットモービルによる戦闘

ファンにとってはカッコイイ演出だが、映画や、コミックと違いそれなりに操作能力が要求される


この『Batman: The Telltale Series』は、全てのアクション操作がQTE

小難しいシステムや、操作を理解する必要はない


入力したときの判定も甘く

押し間違えてゲームオーバーになっても、リトライは直前からスタートする


「アクションが苦手」というプレイヤーでも、バットマンの派手なアクションが楽しめる

ストーリー

 タイトルにもあるように、今作はTelltale Gamesが開発

この会社は、エピソード形式でシーズンごとにリリースするスタイル

(『ウォーキング・デット』のゲームも、この会社)


ようは、ストーリーを売りにしている

実際プレイしていると、4章のラストだったか

不覚にも「えぇ!」と口走ってしまったほど(生放送中)


執筆現在では、全エピソード解放されている

シーズンと、シーズンの間は、続きが気になる展開だった

選択肢

 さきほど書いた通り、セリフの選択肢=ゲームシステム

ワタシがプレイした時は、ちょっと凶暴なブルースになってしまった


コミックや、『アーカム』、バットマンは悪人に容赦がない、という設定がある

(絶対に人殺しはしない)


それを知っていたから、強めに犯人に拷問を食らわせてやった

すると味方や、ゴッサムシティの住民がドン引き


執事のアルフレットから説教を受けつつ、話を流そうとするが失敗する

両親の話を持ち出されたり、「もうしない」と反省することになった



選択肢を選ぶと、その言動をほかのキャラクターが覚える

なので、選択肢は慎重にえらぶ必要がある

グラフィック(DLC)

 『デトロイトビカム ヒューマン』との違いは、グラフィックもあると思う

あちらは、PS4の性能を限界まで使った映像美


一方この『Batman: The Telltale Series』は、ワタシのオンボロPCでも十分うごく

システム要件(最低)

  • OS: Windows 7 64Bit Service Pack 1
  • プロセッサー: Intel Core 2 Duo 2.4GHz
  • メモリー: 3 GB RAM
  • グラフィック: Nvidia GTS 450+ with 1024MB+ VRAM (excluding GT) – LATEST DRIVERS REQUIRED
  • DirectX: Version 11
  • 追記事項: Not Recommended for Intel integrated graphics

でも、圧倒的にデトロイトのゲーム表現が優れているのか、というとそうでもない


『Batman: The Telltale Series』のグラフィクは、コミックシリーズを再現している

現実の人間をグラフィックで表現しようというものとは、別方向のアプローチだ


さらに今回遊んだのは、白黒モードのDLC

漫画の表現というより、昔の白黒映画に近いものだ


そのDLCは、単純に色をぬいたものではない

赤や、黄といった鮮やかなものは、そのままに表現している


一部にそういった彩度の高いものがあるので、古臭さを感じない

まとめ

『Batman – The Telltale Series』の総評

『Batman – The Telltale Series』

選択肢によりストーリーが変化

QTEによるアクション

コミックよりのグラフィック

7

満足度

9

価格

6

独創性

3

おすすめ度


 『アーカム』シリーズほど、豪華とは言えないが

バットマンシリーズの最大の魅力、ストーリーがゲームシステムとマッチしている


ただし、難点なのがこのゲームには日本語がない

プレイには、高校レベルのリスニング&リーディング力が必要


セリフに難しい表現はないが、

選択肢や、文章を英語圏の住民とおなじスピードで処理しなくてはならない


英語の問題されなければ、おすすめのゲームに入る

日本語だけで生活できる我々日本人には、かなりハードルが高いのだが


英語が余裕な方や、その壁を超えるほどのバットマンファンは、ぜひプレイして欲しい作品だった

コメント

タイトルとURLをコピーしました