『メトロイド ドレッド』が傑作になる理由

ゲーム
スポンサーリンク

『メトロイド ドレッド』は期待大

 3DSぶりに発売されるメトロイドの新シリーズ

2Dメトロイドは、シリーズで7作目


その中でも、今回リリースされる『メトロイド ドレッド』は、シリーズでも傑作になると予想しています


その根拠は、ズバリ“操作性”

なんと言っても、メトロイドで面白いのがアクション性のたかい探索部分


そんなアクションも、操作性が悪ければ台無し

『ドレッド』はスイッチでの発売、ハード面で過去シリーズとは、決定的な違いがあります

それまでの2D『メトロイド』シリーズ

 これまでのメトロイドシリーズで、操作性が100点満点の作品はありません

これはメトロイド自体の問題ではなく、ハードが原因です


というのも、シリーズが発売されたのは、FC、SFC、GB、GBA、3DS

これらのハードの共通点である“右スティック”の欠如

これが操作性において、完璧にいたらなかった理由です


これまでは、サムスがビームや、ボムを撃つさい、移動ボタンとおなじ”左スティック”を使用

斜め方向に撃つ場合、Lや、Rボタンを押しこむ必要があります


今回の『ドレッド』は、ニンテンドースイッチで発売

コントローラーには、もちろん左スティックがあります


3DSで発売された『サムスリターンズ』でも、フリーエイム自体はできましたが、それもLボタンを押した時だけ

今まで発売されたゲーム機とは違い、ZR・ZLや、左スティックなど、圧倒的にボタン数が増えたことにより、操作性の向上が期待できます



◎操作性について(追記)

 ここからは、追記


右スティックはエイムではなく、押し込みのみ

ZR・ZLが増えたところは、スライティングや、スキルに割り当てられていました


ボタンが増えて、前シリーズよりも操作性自体は向上していました

良くいえば、予想は当たらずとも遠からずといったところ


詳しくは、クリア後の感想をまとめた『新作メトロイドが傑作だった理由』で解説しています

“スイッチ”という準据え置き機でのリリース

 操作性の向上が『ドレッド』の傑作の理由だと書きましたが、グラフィクなどの表現にも期待大

最後に発売されたシリーズが3DS、スイッチとはかなりの性能差があります

(3DSの性能は、GCよりも劣る程度。GCが2001年発売なので、実質20年ほどの開き)


2Dシリーズでは、一番の操作性

プライムシリーズを超えた演出や、グラフィック


『メトロイド ドレッド』になり、2Dメトロイドは飛躍的に進化をとげそうです

コメント

タイトルとURLをコピーしました