【Equilinox】シミュレーション苦手な人にもオススメな3つの理由

ゲーム
スポンサーリンク

Equilinox:シミュレーション苦手な人にもオススメ

 実は、一番苦手なゲームがシミュレーションだ


ジャンルとしては好きなゲームだが、

なぜかCiv系をプレイすると都市は滅亡され、

シムシティ系をやるとお金がなくなる…


 筆者のシミュレーションのプレイスキルがお粗末なのは事実だが、

『Equilinox』はシンプルなゲームデザイン

なので非常にプレイがしやすい!


ゲーマーとして弱点ともいえるジャンルの『Equilinox』

なにが筆者を惹きつけたのか、その魅力を3つのポイントに絞り、紹介する

Steam で 25% オフ:Equilinox
Equilinox is a relaxing nature simulation game in which you can create and nurture your own ecosystems. Shape the world to your liking, cultivate and raise hund...

理由その1:シンプルなシステム

 このゲーム、日本語がないのだが、

それでもシステムは簡単に理解できる

  • 環境を植物で整える
  • 動物を配置する
  • 生物を進化させる

大まかな工程はこの3つ


 Grassland(牧草地)・Forest(森)・Woodland(林地)などなど

環境を広げる低コストの草花を植えると環境がイッキに広がる


 動物の住処が完成すれば、あとは配置するだけ

環境さえマッチしていれば、適正な個体数まで自然に増えていく


環境が整わないまま動物を配置しても、餓死したり、繁殖がしない

なので、植物→動物の順番は、最後まで変わらない基本のシステムだったりする


 生態系が問題なく周っているなら、動植物を進化させるタイミング

個体の大きさ・色・周囲の環境、これらの条件を満たしていれば進化することが可能


例えば、カモからクジャクに進化するには、ハチの巣を食料にするカモが条件

基本は進化を繰り返し、配置できる動植物がアンロックされていく(ノーマルモード)


 そして、それぞれの動物にはDP(ポイント)が存在し、それが通貨代わりになる

理由その2:ゲームオーバーはほぼナシ

 動物の存在自体がコスト代わりになるのだが、

環境さえ整えれば、どんどん動物は増えるのでコスト切れがない


そして、動物がいない=コスト切れなので、ワールドを上空から確認するだけで、

どの環境が悪いのか一目で把握できる


 とはいえ、条件を達成すればDPが貰えることもあるので、よほど無尽蔵に配置しないと金欠にはならない

理由その3:生態系のバランスが絶妙

 「コストが尽きないなら、簡単すぎてつまらないじゃないか?」

と思うかもしれないが、全くそんなことはない


 ここで筆者のつくった雪山バイオームをみて欲しい

鹿と、羊が食べる植物を配置し、オオカミを後から投入してみた


これが単純なAIだと、オオカミが草食獣たちを食べつくしてしまうが、

実際そんなことは起こらず、鹿・羊・オオカミの個体数は自然な数を保っている


 では、なぜオオカミが狩りつくしてしまわないのか

オオカミを放って、しばらく観察してみてると、ある3つのことが判明した


  • 空腹のタイミング
  • 行動範囲
  • 狩りの失敗

 とくに観察していて面白かったのは、狩りの失敗

オオカミが羊を追い回したが、襲われると草食動物が側も逃げるらしい

そして、羊を狩りそこなったオオカミは、空腹でそのまま死んでしまった



 もう一つ見て欲しいバイオームがある

こちらはWoodland(林地)のバイオーム


熊がアンロックされたので、さっそくここに投入してみた

もちろん、こちらの草食動物も狩りつくされていない


しかし、こちらも観察していると、雪山とはまた違った事情で環境を保っていた


 どうやら、熊は積極的に動物を狙うことはなく、木の実や、蜂の巣を食べていた

熊のAIは、動きまわる草食獣より、固定された位置にある植物を好むようだ

まとめ

 この『Equilinox』というゲームは、非常にシンプル!

しかしシステムや、AIのバランスはしっかりとれているシミュレーションだった


テラリウムや、観察などが好きな方は、ぜひプレイを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました