【あつ森 ハッピーホームパラダイス:攻略】差をつけるソファの置き方

ゲーム
スポンサーリンク

ソファの選び方

 以前解説した『部屋づくりの5つのコツ』

今回は“ソファ”について紹介します


「なぜソファ?」かと言うと、部屋の印象を決める重要な要素だから

インテリアの中では、大型家具に分類されます


まずは、大型家具に共通する放送

ソファだけでなく、ベッドにも当てはまる法則です


  • 形、色がシンプル
  • 小家具の脚、フレームと色を合わせる
  • アンティークはこの条件の限りじゃない

「白・シンプル・モダン」なソファはオールマイティ

ちなみにモダンとは、機能性とシンプルさを追求したスタイルだそう

ソファの色

 ベーシックカラー:白、ベージュ、茶、グレー、ネイビー、カーキ、黒

これらのシンプルで、使いやすい色を選ぶのがベスト


原色を使う場合も、大型家具にはナチュラルカラーや、ベーシックカラーが無難です

(ナチュラルカラー:自然界に存在する色)

画像

ソファの配置

 リビングに入ったときに、キレイに見えるようにするのがポイント

例えば、L字置きなんかは定番


置き方のコツですが、方法が2つ


その1:壁から少し離す


壁にピッタリくっつけるのではなく、一度スライドさせます

間隔を空けたほうが、より見た目がよくなります


細かい違いですが、窓の側や、後ろに絵を飾ると違いがでてきます


家具メーカーや、ホテルの写真なんかで、よく使われているテクニックです

ちなみに、実際のインテリアでも使える方法なので、ぜひお試しあれ


その2: ソファーの背は隠す


ソファの背が見るのは不格好

コンソールテーブルや、棚などで隠します


『部屋づくりの5つのコツ』では、カップボードを代用しています

またカップボードは、ダイニングと、キッチンをつくる間仕切りの役割にもなっています

ほかの家具と合わせる

 大型家具はシンプルに

特徴を出したいなら、イスや、サイドテーブルなどの小家具を使います


とはいえ、無造作に置いても浮くだけなので、ある程度は合わせる必要があります

そこでおさえるポイントが2つ


  • 脚や、フレームの色を小家具に合わせる
  • アクセントの小家具は、対角線上に置く

 また置きたいテーブルに対して、ソファが小さかったり、その逆の場合もあります

そんな時は、ソファを一人掛けにするか、小さいテーブルを2つ並べるようにします


小家具と、ソファの大きさを合わせるようにします

部屋が狭い場合も、2人用のソファよりも、一人掛け+オットマンのほうがおすすめ


そして、アクセントになる小家具同士を対角線上にならべます

こう置くと、部屋の中で浮いてしまうのを防げます

まとめ

 以上がソファの色、デザイン、配置、ほかの家具との組み合わせでした

ベッドも同じですが、背景とマッチするように配置するのがコツ


家具メイカーや、インテリア雑誌を読んでいると、これらのセオリーに従っていました

何冊か読んだ結果、とくに参考になったのはこちらの本と、こちらの本


ゲームだけでなく、実際に使えるテクニックなので、ぜひお試しあれ

ほかのテクニックは、また別の記事で紹介する予定です

コメント

タイトルとURLをコピーしました