なぜ「微妙」という人がいるのか【ポケモンレジェンズ アルセウス:評価・レビュー】

ゲーム
スポンサーリンク

新シリーズ『アルセウス』

 2022年1月28日、『ポケットモンスター アルセウス』が発売

前作の『ソード・シールド』とは打ってかわり、新システムを採用


問題なのは、「新システムが面白いのか」というところ


ポケモンの攻撃をローリングで避けたり、暴れるポケモンを落ち着かせる”しずめ玉”を投げる、などなど

『アルセウス』になり、“トレーナーがバトルに参加する”という新たな試みです

新システム

 新システムをおさらいすると、変更点は以下


  • ポケモンバトル最中に、プレイヤーが移動可能
  • シューティングのように、モンスターボールを当てて捕獲(バトル中は不可)

“プレイヤー自身がポケモンバトルに介入できる”というのが、新システムの売り


しかし、結論からいえば中途半端

「戦闘パートと、捕獲パートがうまく噛み合ってない」というのが素直な感想でした

バトル方式の違い

 なにが噛み合わないのか説明するまえに、今までのシリーズをふり返ってみます

従来の戦闘形式をチャートにして図にしてみました


赤・緑~剣・盾のシステムチャート

例えばDSの『ダイヤモンド』で、野生のビッパに遭遇したとします

プレイヤーは草むらに入り、バトルに入ります


それから、戦闘・捕獲・逃げるの3つの選択肢があります

さらに、戦闘したあとボールを投げて捕獲というパターン

勝てそうになかったり、ボールがなくなるなど、戦闘・捕獲を選んだあと逃げるという選択肢をえらぶこともあります


従来のバトルでは、戦闘・捕獲・逃げるという3パターンの行動を選ぶまえに、かならずバトル画面に入ることが必須でした

(X・Yのようなシンボルエンカウント方式は例外として)


 『アルセウス』の戦闘チャートはというと

『アルセウス』のシステムチャート

おなじく、ビッパに遭遇した場合を例に、解説していきます


フィールドでビッパを見つけました

戦闘・捕獲・逃げる、これらの行動をプレイヤーは選ぶことができます


以前のシリーズと違うのは、すぐに3パターンの行動にうつれるということ

バトル画面に入らないので、即座に戦闘に入っても良いですし、物陰からボールを投げてゲットする選択肢もあります


戦闘→捕獲、捕獲に失敗→戦闘、というパターンもあります

噛み合わない戦闘パート・捕獲パート

 一見選択肢が多いようですが、見方によっては工程が増えたともいえます


なにが噛み合わないかというと、捕まりにくい序盤では、捕獲を選んだときの旨味が薄いところ


もう一度チャートを確認してみます

『アルセウス』のシステムチャート

捕獲を選んだ場合、取れる選択肢の結果は3つ


  • ボールを投げる→捕獲成功
  • 捕獲失敗→戦闘→ボールor逃げる
  • 捕獲失敗→逃げる

無事捕獲できれば良いですが、失敗した場合だと捕獲パートが徒労に終わります

ここが従来のシステムとくらべると、無駄な一工程が起こってしまうところです


背後からボールを当てると、相手が昏倒するというメリットが捕獲にもあります

しかし、慎重に狙って失敗したり

簡単に捕まえられるのか、判断に難しいポケモンもいるのも事実


捕獲する部分が、戦闘と噛みあっていない場面が多々あります

まとめ

 システムチャートのことだけじゃなく、特性や、持ち物の廃止など、なぜと言いたい個所は多々あります


とはいえ、ここまで酷評しましたが、購入して後悔はしていません

戦闘や、捕獲に関すること以外は、従来のシリーズでは味わえないところもあります


まだバサギリのところまでですが、オススメできる点が多いのも事実

コマンド方式から脱却しようというのも、個人的には賛成です


完走した後、ここに↷総合的なレビュー記事を書く予定なので、どうかお楽しみに

コメント

タイトルとURLをコピーしました