図鑑を完成させた評価【ポケモンレジェンズ アルセウス:レビュー】

ゲーム
スポンサーリンク

アルセウスの本当の評価

 評価の振り幅が大きい『レジェンド アルセウス』

正しい判断には、完全クリアが必須だと思い…


「攻略情報を検索しない」という、少々古臭いスタイルでプレイ

ポケモン図鑑を完成させ、アルセウス戦を終えて、完全クリアしました


100時間ほどプレイして、評価した結果

『レジェンド アルセウス』をプレイして、楽しめるであろう人は↓


  • 『ポケモンGO』を楽しめた
  • 『New ポケモンスナップ』を楽しめた
  • 図鑑集めが好き
  • ポケモンというキャラクターが好き

要約すると、ポケモン集め、図鑑埋め、探索を楽しめる人

これらの要素を楽しめるよう、ゲームにしたのが『ポケモン レジェンド アルセウス』です

ポケモンの収集にハマる

 『アルセウス』が本編シリーズと違うところは、ポケモン収集をメインにしています

例えると、『ポケモンGO』のシミュレーションと言ったところ


よくできているのが、ポケモンを集める過程で、多少なりとも“ポケモンを観察するようにできている”ところ


ボールのみで捕獲するさいは基本、隠密行動

『メタルギア』や、『天誅』のような、ステルスゲーです

生息地や、ポケモンの動きをよく眺めることが必須

プレイヤーが望まなくとも、ポケモンを観察することになります


ポケモンバトルがメインだと、どうしても強いポケモンや、便利なポケモンを捕まえがち

『アルセウス』では、ポケモンを捕まえるまでに、その姿や、生息地や好みの場所、使うワザなど、そのポケモンを知ることになります


そういった過程を経て、図鑑をに埋めていくことが本作の醍醐味となっています

マップの探索にハマる

 ポケモンをゲットするにはもちろん、マップを探索する必要があります


探索しがいのある任天堂のゲームといえば、『ゼノブレイド』シリーズや、『ブレス オブ ザ ワイルド』

広さや、密度では見劣りするのが正直なところ

それでも、楽しめるマップになっています


どこにどんなポケモンがいるのか

ポケモンをプレイしていれば、大体は予想通りですが、意外なところに生息していたり

探索していると、大物がいそうな洞窟があったりも


いい意味で予測を裏切ってくれることも、そうじゃないこともあったり

「新しい場所には、どんなポケモンがいるのか」という期待感をもたせてくれます


最初のおすすめに「ポケモンというキャラクターが好きな人」といった理由はココ

ポケモンが好きじゃなければ、この期待感も当然薄れます

『New ポケモンスナップ』のような、眺めて楽しめる人なら、今作も満足できる可能性は高いです

“New ポケモンスナップ” の検索結果 | GORAKUハンターどっとこむ
厳選したコンテンツが集う

「つまらない」と言わる理由

 個人的に感じた不満と、不評である意見をまとめたのがこちら

  • 従来のポケモンバトルから変更
  • 図鑑にあるタスク要素
  • 単調なボス戦
  • UIが悪い

不評の多い理由が、バトルシステムの部分


  • ターン制の廃止
  • タイプ補正によるダメージ量が多い
  • レベル差の補正が少ない
  • 特性の廃止

ターン制が廃止となり、素早いと、2回連続で攻撃が飛んでくることも

タイプ補正のダメージが多く、レベル補正が少ないので、40レベル差があってもやられます

特性もないので、「いかく」もちだったギャラドスがまさかの弱体化


感覚としては『赤・緑』時代に戻ったような

変更点をみてみると、戦略性がなくなったのというのが事実です


ポケモンバトルと、捕獲を絡めたシステムについて

以前に書いた記事で、詳しく説明しています


細かいところを突くと、図鑑にあるタスク内容が水増しだったり

ボス戦が単調な点

ボタン設定や、スキップトラベル場所の少なさ、マップ間を移動できないなど


次回作があるとすれば、ぜひ直して欲しい点です

まとめ

 好評・不評、レビューがさまざまな本作

高い評価をした人は、ポケモンを集めることや、探索好き、ポケモン好きな人たちです

悪い評価は、シリーズ通りのポケモンバトルがしたい、戦略好きな人


個人的には、戦闘システムは従来のほうが楽しめました

ストーリーは『剣・盾』などと比べ、邪魔にならない程度

BGMは『ダイヤモンド・パール』のアレンジで、真新しさと、懐かしさがあり、SNSでも好評


総評としては、6,500円(定価)払った価値は十分ありました

以上、100時間以上遊んだ、『ポケモン レジェンド アルセウス』の評価・レビューでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました