【十三機兵防衛圏・スイッチ版:評価&レビュー】ゲーマーだけが知ってるシナリオ表現

ゲーム
スポンサーリンク

『十三機兵防衛圏』の総評


 『十三機兵防衛圏』が2019年11月28日にPS4版が発売

22年4月14日にスイッチ版もリリースされました


気になっていたので、さっそく購入

無事100%完全にクリアしました


評価ですが

結論からいえば……買って大正解


さっそく、『十三機兵防衛圏』がオススメな人は;

  • ストーリー重視のゲームがやりたい
  • よく物語の設定を考察する
  • マルチ主人公の物語が好み
  • 好きなジャンルは、タワーディフェンス
  • コツコツ経験値をためるのが好き

このゲームが高評価なのはストーリーや、キャラクターといった部分

設定や、世界観など、作り込まれています


『ゼノギアス』ほどではありませんが、すべてを把握するには設定を読み込む必要があります

そのためにこのゲームでは;


  • ストーリーを追う追憶編
  • ゲーム部分の崩壊編
  • 設定がまとめられた究明編

この3つのモードに分かれています

複雑な設定ですが、究明編をみれば気になったキーワードの解説を読んだり、イベントを復習することもできます

ゲーム要素である”崩壊編”の評価について

 『十三機兵防衛圏』のマイナスレビューをあげるとすれば1つだけ

とはいえ、個人的には楽しめた要素ですが


マイナスレビューで見かけたものでは、ゲーム部分についての評価がほとんどです

このゲームの部分は、崩壊編であるタワーディフェンス


ハッキリいうと、Steamで売っている同ジャンルのゲームにも、作品によっては負けるでしょう

『十三機兵防衛圏』は定価7,678円

インディーズのゲームだと、高値でも3,000円前後


敵を撃破したときの「バリンッ」という爽快感や、ポイントを消費してどのスキルを取得するか、などなど

コツコツ経験値を上げて、スキル振りを楽しめる人だったり

タワーディフェンス物が好きなジャンルなら、崩壊編のマイナス評価も気にならないはずです



 とはいえ、やっぱり『十三機兵防衛圏』の面白さはストーリー


「なぜこの作品の物語が面白いのか?」

より詳しく説明したいと思います

ゲームでのみ表現できるストーリー

 ストーリーの評価が高いゲームなら、いくつもありますが

『十三機兵防衛圏』のストーリーは、ゲームでしかできない表現方法を使っているところが特徴


もったいぶらずに言うと、物語の時間軸や、前後関係がバラバラな点

映画の脚本では、タブーとされていることです


理由はもちろん、視聴者が置いてきぼりになるから

とくに映像作品では、視聴者の理解するスピードに関係なく、どんどん物語が進んでいきます

なので、あまりに複雑なものはメチャクチャな映画になってしまいます


対して『十三機兵防衛圏』では、ストーリーが進行する時間が一定しません

「それでわからなくならないの?」と言われそうですが、理解できちゃいます


映像作品や、小説、漫画と違い、プレイヤーが考えながらキャラを動かすぶん、ストーリーを把握しやすいのがゲームの強みだと考えています


自分(キャラ)がどういった状況なのか、次にどういった行動を取るのか、なにが正解か

『十三機兵防衛圏』では13人のストーリーをそれぞれ追っていくことになります

マルチ主人公だと、より事態を把握できるというワケです


なので「あぁ、だからこのキャラクターがここに来たのか」など

キャラクター同士が相互に関係したときに面白さがあります


一方で、映画や、小説、漫画、アニメだと、その他人のプレイを客観的にみている状態

尺の関係もあり、複数の主人公たちの物語をじっくりというのも難しい話


ちなみに、時系列をバラけさせた手法は「変則型イン・メディアス・レス」というそう

『パルプ・フィクション』『オーシャンズ11』、アニメだと『バッカーノ』など、映像作品でも同タイプの作品があります


それでもやはり、キャラクターを動かしつつ、自ら謎にせまる感覚はゲームならではです

君に『十三機兵防衛圏』の謎が解けるか!?

 ストーリーの時間軸がバラバラな説明はしました

それで『十三機兵防衛圏』の面白さですが


このバラけたストーリーから、物語を考察するところ

複雑で、難解な設定ですが、ふり返ったり、よく考えてみると、答えがセリフや、行動などに各所に隠されています


言動をもとに、時間軸を整理する

そして、物語の謎を推測してみる


いうなれば物語をつかったパズルゲーム的な楽しさです

「あのシーンのセリフだと、こうだから…」など、風呂に入り、湯船につかりながらじっくり考える


可能性を絞っていき、究明編でミステリーファイルを読んでみたり

察しが良いとは言えない筆者ですが、それでも中盤頃にはストーリーの真実がみえてきます

まとめ

 通常のクリアは、20~25時間前後だと思います

筆者は40時間ほどかかりましたが、究明編の設定を読んでいたり、崩壊編の難易度をたかく設定したせい


BGMもタイトルテーマや、戦闘曲など、好みのものがいくつかありました

崩壊編のタワーDF部分で評価がわかれています


ストーリーや、設定が凝っている作品が好みな人は「買い」のゲームです

個人的には、かなり当たりのゲームでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました