【ニンテンドースイッチスポーツ:評価&レビュー】製品版で判明した3つのこと

ゲーム
スポンサーリンク

製品版で判明した3つのこと

 『スイッチスポーツ』がいよいよリリース

体験版を遊びましたが、かなり楽しめたので早速購入してみました


3~4時間ほど遊んでみた結果……

『Wiiスポーツ』など、同系統のジャンルが楽しめたなら買って後悔はないでしょう


  • テニス・バトミントンは結構違う
  • 国内限定オンラインがない
  • サッカーが一番場所をとる

おおむね体験版とおなじですが、気になった点が3つ

テニス・バトミントンの違い

 おなじラケットを使うスポーツですが、テニスと、バトミントンの違いが結構あります

おおきな違いは、バトミントンにはZトリガーを押すと“ドロップショット”が打てるところ


テニスと違いコートが狭いぶん、上下左右に打わける戦略があります

ショットの種類も豊富で


弧を描くような山なりのショットや、高い打点から打てばスマッシュのようなショット

それにくわえ、先程も紹介したドロップショットが入ります


相手が取りにくいコースをつくと、返ってくるヒョロヒョロ球で勝負を決めます

国内オンラインがない

 ゲーム性が崩壊するほどではありませんが

海外勢とのラグがないわけではない点


ほかの対戦ゲームと比べれば、『スイッチスポーツ』はトップでラグがなりませんが

ミニゲームで1プレイの比重がおもいぶん、ラグの影響も大きいのも事実


『マリオカート』のように、国内限定マッチが欲しいところです

場所を取るサッカー

 サッカーが一番場所を取ることが判明

ゲームの問題というワケではないので、ここでは注意喚起と思ってください

サッカー | Nintendo Switch Sports | Nintendo Switch | 任天堂
Nintendo Switch『Nintendo Switch Sports』の「サッカー」のページです。

ほかのスポーツは、腕を振りまわすのが基本操作

空中にスペースさえあれば、極論座った状態でも遊べます


しかし、サッカーのシュートはレッグバンドを装着して、足で蹴る種目

筆者の家はせまいので、これは大問題


一応、左右のジョイコン操作でも遊べますが

せっかくのサッカーなので、足で操作したいのが本音


小学生時代、踊ってソファーの角に小指をぶつけ、粉砕したことがあるので、足を振りぬくのは少々気が引けます

プレイの際は、ぜひとも気をつけてください

まとめ

 体験版で楽した人は間違いなく買いな一作

これからアプデでより操作の精度があがるのを期待


「ボリューム不足」という、評価を目にしますが

個人手にはこういったタイプのゲームは、量より質を重視して欲しいところ


理由としては、基本動作にそんなに多様性をもたせられないから

どの種目もジョイコンをふる以上の動きは今のところありません


どんなに頑張っても実際のスポーツとの違いは明白

繊細な動きをゲームに反映することは、まだ技術的には不可能です


なので、種目を増やしたとしても、同じような操作のスポーツが増えるだけ

仮にふやしたとしても、『マリオパーティ』のようなスポーツゲームができるだけ


“ジョイコンを振る”という動作だけで、各種目を差別化する必要があります

そのためには、両手で数えられるくらいの種目がベストだと考えています

コメント

タイトルとURLをコピーしました