【デジモンアドベンチャー:二話】原作/リメイク版の比較・解説と感想

デジモンアドベンチャー_リメイク_感想_02Video
スポンサーリンク

第二話「ウォーゲーム」の比較・解説まとめ

 タイトルが「ウォーゲーム」なだけあって、今週は映画『ぼくらのウォーゲーム』のオマージュがメインでした

また、石田ヤマトが登場。第二話からストーリーに絡んできました。ちなみに、原作では三話目がヤマト回、ガブモンが進化して二人の絆を深めるストーリーでした

 以下、「ウォーゲーム」と、映画『ぼくらのウォーゲーム』との比較・解説になります。前回と同じく、あらすじを;序盤・中盤・終盤、に分けて解説していきます

1話の解説・感想はこちら↓

序盤のあらすじ

 前回の終わりに登場した、石田ヤマト。ヤマトとガルルモンに助けられたタイチ。ヤマトたちはデジタルワールドの異変を止めようとしていた

 米軍のシステムが乗っ取られたことを、コウシロウから聞かされる。タイチたちとヤマトは協力して、敵デジモンが乗っ取る米軍システムがへ向かう

序盤の比較・解説

 前回に続きにより、石田ヤマトが仲間になりました。原作では7人が一斉にデジタルワールドに飛ばされるので、ここからは全くの新展開になります

 ヤマトの第一印象ですが、原作とは少々違います。寡黙なところは似ていますが、原作のヤマトは最低限、必要なコミュニケーションはしていました。今作のヤマトは登場時にはタイチと協力する気はない様子

タイチがヤマトを自分たちと合流するように提案していましたが、ヤマト自身は乗り気ではない様子。この石田ヤマトというキャラクターも、コウシロウと同様に家庭に問題を抱えたキャラクター

 原作『デジモンアドベンチャー』放送当時、多様な家庭問題が認知された時代でした。それに伴い、家庭環境に問題を抱えるキャラクターがピックアップされる流れがありました

中盤のあらすじ

 米軍のシステムが乗っ取られた影響で、潜水艦からミサイル攻撃を確認。タイチとヤマトはミサイルのコントロールエリアに向かう

 一方その頃、一話の事件により停車していた車両から、太一の母とヒカリが。下車したヒカリは、なにか異変のようなものを感じる

 コントロールエリアに向かう、タイチたち。コントロールシステムはアルゴモンによって支配されていた

 ヤマトが敵陣に突っ込む。タイチもあとに続こうとするが、ヤマトの制止によりを拒否される。戸惑うタイチだが、敵の中に一匹だけ進化したデジモンがいるのに気が付く。ヤマトは自身が囮になり、タイチが敵のボスを倒すことを考えていた。タイチはヤマトの作戦を理解すると敵のボスに攻撃する

 敵デジモンを追い詰めたが、完全体に進化してしまう。ピンチに陥るタイチたち。ヤマトには作戦があるが、危険な作戦に躊躇していまう。ガルルモンやタイチたちの決意により、ヤマトは作戦実行を決意する。ヤマトの作戦はゼロ距離からの全力攻撃。相手のデジモンに噛みついたガルルモンとグレイモンは、全火力を集中して相手に叩き込む

中盤の比較・解説

 ここからは、『ぼくらのウォーゲーム』と同じ展開です。米軍からミサイルが発射され、阻止するために敵デジモンを倒すという流れ。ちなみに、デジタルワールドの移動が映画と似ていました

  ヤマトが囮になりますが、今作のヤマトは結構無茶をする性格なのか。原作では、無茶をするタイチと、安定策をとりたがるヤマト、方向性の違う二人は作中よく喧嘩をしてました。一方、タイチの周りを見ていないようで見ている性格は一緒でした

 そして、追い詰められた敵デジモンが完全体になるんですが、ここで世代ごとの強さの解説。ゲームのデジモンが分かりやすいのですが、デジモンワールドにいる大体のデジモンは成熟期以下が多いです。完全体以上に進化できるデジモンは稀で、完全体からみれば成熟期は子供のようなもの。世代間の実力は雲泥の差があります。だからこそ、今回完全体に進化された状況は、タイチたちにとってかなり不利な状況でした

 そして、ヤマトの作戦により敵完全体を撃破

終盤のあらすじ

 ようやく戦いが終わり、安堵するタイチたち。…が!、またしても、敵デジモンが進化する。そして、潜水艦からミサイルが発射された

グレイモン、メタルガルルモンで攻撃するが、全く効果がない。そして、コウシロウが調べた結果、ミサイルの目標地点は東京だった

 敵デジモンの攻撃に、倒れるタイチたち。とどめを刺すためタイチたちに攻撃が放たれ、辺りは光に包まれた

コウシロウが諦めかけたそのき、パソコンの画面に一つのデジタマ

デジタマの中から純白のマントをまとったデジモンが現れる。

終盤の比較・解説

 敵デジモンが進化しましたが、まさかの究極体に進化。まさか、2話目で究極体が出るとは思いませんでした。ちなみに、初期の頃には究極体の概念はなく、初代デジモンワールドなどは完全体止まりでした

圧倒的ピンチにタイチたちのデジヴァイスが輝き、デジタマが誕生。オメガモンの登場には驚きました

グレイモンとガルルモン、成熟期からワープ進化してジョグレス進化とかなり端折った進化ですが。今後のストーリーにオメガモン以上のデジモンが登場するのか少し心配です

 ミサイル発射からのオメガモン登場は『ぼくらのウォーゲーム』と一緒

「ウォーゲーム」の感想

 やはり、原作から20年近くたっているので、アクションシーンは迫力がありますね。特にガルルモンとグレイモンが相手に組み付くシーンの動きは必見でした

 ヤマトの性格が微妙に変わっていました。原作では、タイチの意見とよく対立していました。こっちのヤマトは人見知り気味。今作も自身の友情の紋章意味に悩んだりしそう

 題名が「ウォーゲーム」な時点で、映画にかなり寄せてくるのは分かってましたが、かなり懐古びいきな回でした。あと、挿入歌がないのが寂しいところ

 以上が第二話「ウォーゲーム」の解説・感想でした。

そして、次回第三話は「そしてデジタルワールドへ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました