【Xenoblade Definitive Edition】ゼノブレイド リメイクをクリアした感想

Xenoblade Definitive Edition_感想_レビュー-minゲーム
スポンサーリンク

ゼノブレイド DE:クリアした感想

 5月29日に発売した『Xenoblade Definitive Edition



発売日からプレイして、83時間かけてようやくクリアしました!!

この『Xenoblade Definitive Edition』、既プレイでも買って正解のゲームでした


クエスト消化率は8割ほど

サブクエを無視すれば30~40時間ほど、でクリア可能でしょう


 オリジナルはWiiで発売され、3DS版、Wii UのDL版

3種類のハードで発売されました


今作では、画質・キャラクターデザイン・音楽、を作り直しています


さらに、今作では追加ストーリー『つながる未来』を収録

そちらの、感想はべつの記事で紹介する予定です


 『Xenoblade Definitive Edition』の良かった点悪かった点

オリジナル版や、他のゼノシリーズと比較して解説しています


  • 追加ストーリー『つながる未来』の記事はこちら
  • ライン縛りの攻略・感想についてはこちら

ゼノブレイド DE:良かった点

画質・グラフィック

 当然ですが、Wii版や、3DS版から画質が上がってます


特に向上したのは、金属・建築物・水面・地面

などなど、ほとんどの面でグラフィックが向上しています


具体的には、 Wii Uの『Xenoblade X』や『Xenoblade 2』と同等のグラフィック


岩肌などは、近くで見ると質感に多少の違和感はあります

それでもオリジナル版からとは比べ物にならに程に画質が向上しています

キャラクターデザイン

 以前のキャラクターデザインから変更され

Xenoblade 2』調のキャラデザになっています


以前のキャラデザは海外などで、

「イグアナ顔」や「爬虫類顔」と言われてましたが、今作では全体的にアニメ風のデザインに変更


個人的にはメリアちゃんが、さらに可愛くなりました

(ちなみに、筆者はフィオルン派)


逆にラインは、以前のデザインのほうが、個人的に好きです

BGM

 良い点に入れるか迷いましたが、BGMもリメイクされました

一言で言うと「音が増えた」といった感想


予約特典『ゼノブレイド コレクターズセット』にサントラCDも付属

つながる未来』のBGMも収録されていました


※詳しくは『【Xenoblade Definitive Edition】ゼノブレイド コレクターズセットの開封・紹介』の記事で

クエストマーク

 Wii版には、以下の2つがありませんでした

  • クエスト対象のモンスターにマークが表示
  • 受注しているクエスト1つをルート表示

この2つが表示されるようになり、クエストを忘れてても問題ナシ


倒すべき敵が常に敵ステータスに表示

クエストのモンスター狩りを、忘れる頻度が減りました


また、クエストの目的地が分からなければ、ルートを設定

マップ上にクエスト対象までの場所が表示されます


これが便利で、広大なゼノブレドのマップから

わざわざ人や、モンスターを探し出す必要がなくなりました

処理落ち

 個人的に一番うれしかった改善点

Wii版の『Xenoblade』では処理落ちが頻繁に起こりました


特に、技エフェクトが多いときに発生

突発キズナ(戦闘中にBを押す)のタイミングも難しくなったり


この処理落ちが起こらないだけで、快適にプレイできるようになりました


さらに、処理落ちはムービーでも起きていました

リメイクの『ゼノブレイド DE』では、引っかかるようなシーンが無くなりました

引継ぎ

 クリア後の引継ぎもスムーズになりました

具体的に、以下の2つ

  • 引継ぎアイテムの制限なし
  • クリアデータからも続きからプレイ可能に

Wii版は引継ぎの際、持ち越せる数に制限がありました

今作では引継ぎによる制限が一切ナシ


くわえて、クリアデータを読み込み

ラスト前から、再開することも可能になりました

ファッション装備の追加

 装備の見た目がチグハグになるという、ゼノブレイドあるある

ゼノブレイド DE』ではファッション装備」が追加されました


Wii Uの『Xenoblade X』でもファッション装備がありました

ですが、追加DLCか、メインストーリーをクリアした後のみ開放


今作の『ゼノブレド DE』では序盤からファッション装備を使用可能

ムービーシーンも衣装が反映されるので、違和感なくストーリーを楽しめるようになりました


 ちなみに、ムービーを観るだけのシアターモードでも

ファッション装備を変更して、映像シーンを楽しむことが出来ます

レベル調整

 リメイク版ではレベル調整機能が追加されました


以前のWii版は、引継ぎ後はレベル固定

なので、ボスを倒したレベルで序盤から冒険することに…


しかし、今作のリメイクではオプションの上級者設定から、好きなレベルを選択することが可能

2週目以降でも、適切なレベルでプレイできるようになりました

悪かった点

エフェクトがショボい

 序盤のシーン、対空砲で落下物を打ち落とすシーンで思ったのですが、

火花が散るエフェクトがショボい…


一瞬で散る発光エフェクト(技のような)なら問題ありませんが

細かいですが、画質が上がった分、そこが気になる点

味方の戦闘AI

  Wii版からの問題点でしたが、AIが上手く動いてくれない

とくにシュルク、メリア、この2人が特にCPU操作だと使い物にならない…


戦術的なキャラクターだと、AI操作ではキャラ性能を発揮できず

Wii版をさんざんやったので、今作はライン縛りでプレイしましたが…


カルナと全くかみ合わない!


 自キャラをシュルクにした時は、ライン・カルナと安定しました

が!!、ライン(自キャラ)・シュルク・カルナ、の順にすると途端に不安定に


CPUシュルクが攻撃をぶっぱ(モナド斬など)

シュルクがタゲを取り

カルナがシュルクを回復

そして、ラインに回復が来ない…という流れ


タゲ取りの得意なラインですが、さすがに複数の敵がいると処理できません

タゲを取り切れずに、パーティーが崩壊


前作から言われていた問題点なので、ここが一番の問題点

移動中のレベル確認が不可

 移動中しながらステータス確認が出来ません


Wii Uの『Xenoblade X』はオートランしながら、ステータス確認ができました

今作では、それが不可


敵をロックオンすれば、パーティーにいるキャラのステータスは確認できます

しかし、レベル補整のかかるXenoblade DE』では、頻繁にレベル確認が必要

なので、これに関しては不便

服がすり抜ける

 今作はWii版からグラフィックが進化しましたが、

キャラクターの衣装が、武器や手と当たった時にすり抜けてしまいます


衣装に当たり判定がついてないようです

これは容量削減のためなのか


Wii Uの『Xenoblade X』でも車に当たり判定がありませんでした

とは言え、画質が上がりくっきり観えるぶん、ムービー中にはかなり気になります

ロケーションが少ない・移動が遅い

 移動速度が遅い!! さらに、ロケーションが少ないのでスキップ場所も少なめ 


スキルや、ジェムで移動速度は上げられますが、

スキルはコインを使いますし、ジェムは枠を埋めてしまう…


移動速度UPは、特殊アイテムなど、別枠で欲しかったところ

レビューまとめ

 前作の不満点


  • 処理落ち
  • 装備の見た目がダサくなる
  • 引継ぎの際のレベル
  • クエストの目的地

これらが解消されているので、初プレイのユーザーでもストレスフリーに遊ぶことが可能になりました


 さらに、既プレイでも画質の向上

ムービー中の処理落ち、キャラデザ・画質向上によるストーリーの没入感

ゼノブレイドの良い面がパワーUPしています


 ムービー中の衣装のスリ抜け以外は、正直好みの問題

唯一不満なのは、AI操作の貧弱さ


序盤の機神兵や、テレシアなど

シュルク、またはメリアちゃんが、必須な場合に困ります

この2人のどちらかをつかう必要があるある場面、難易度が上がってしまいます

なので、その点は残念…


 とは言え、既プレイでも買う価値は大いにアリ

Xenoblade Definitive Edition』はズバリ買いなゲームでした

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました