【スーパーマリオ 3Dワールド:スイッチ版】Wii U版との違いを評価

ゲーム
スポンサーリンク

スイッチ版『スーパーマリオ 3Dワールド』のレビュー

 Wii Uで発売された『スーパーマリオ 3Dワールド』

スイッチ版では、どうリメイクされたのか

スター・スタンプ・隠しステージなど、

『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』を完全クリアした感想をまとめてみました


 リメイクということでフューリーワールドが追加されました

そちらの感想は別記事で紹介します

スイッチ版『スーパーマリオ 3Dワールド』:Wii U版からどう進化したか

 リメイクとはいえ、Wii Uと、スイッチには大きな性能差はありません

大きな違いは、スイッチ版にはゲームパットでのプレイがない点


でもスイッチは、据え置きであると同時に、携帯ゲーム機でもあります

Wii Uのゲームパット・スイッチの携帯モード、それほどプレイの違いはありません

つまり旧作と、リメイク版、特別な操作感の変化はなし

※キャラや、こうらなど、速度が変わっているらしいのですが、体感に変化なし


 では、Wii U版をプレイしたユーザーにとって、リメイクを買う必要はないのでしょうか?

プレイの感想

 完全に次世代機のスイッチが勝っているのか…と購入前には考えていましたが、

以外にも、Wii Uが勝ってる部分もありました

具体的には、ステージにあるRボタンを押したまま、ジャイロで稼働させるギミック

これはWii U版だと、タブコンを使い、タッチ&フリックですばやく動かすことができます


おなじ理由として、ワールドの途中にある『キノピオ隊長』のステージも同様

Wii Uゲームパットの操作に軍配があがります

(息でギミックを作動させるなど、スイッチ版にはない要素も)

 スイッチユーザーがわざわざWii Uを購入するほどではありませんが、

どちらのハードも持ってる身としては、『キノピオ隊長』はWii U版をおすすめします


 大画面かつ、マルチが売りでもあります

外出時に遊ぶことを考えなければ、モニターでも安定した操作ができるWii U版


携帯モード限定なら、2つのハードに差はありませんが、

Wii U版も、捨てたものではありませんでした

スイッチ版『スーパーマリオ 3Dワールド』:オンラインプレイの実装

 今作では、オンラインによるマルチプレイに対応しています

マリオブラザーズのように、多人数プレイが楽しいタイトルです

実際に、オンラインで遊んだ感想として、ステージによってはラグい!


 とくに酷かったのは、ワールド4-3

3回点滅すると、ピンク⇔青のブロックが入れ替わるステージ

この入れ替わりが、ソロや、ローカルプレイより、タイミングにズレがあります


序盤のワールド1でも、もっさりというか、スローな動きになる場面もありました

発売から3日後、現状は快適にプレーできない状態です

まとめ

 注目すべきは点は2つ

  • フューリーワールド
  • オンラインプレイ

Wii U版から、8年ほど経ったゲームですが、

以外に、ほかの3Dマリオシリーズとは違うのが特徴です

3Dマリオというより、『マリオブラザーズ』を見おろし型にしたようなゲームです


  • ヒップドロップ後にローリング
  • 土管にヒップドロップで、入れるように
  • 切りかえしジャンプが歩きで可能に
  • 敵を踏んだら、幅跳びジャンプ

 これら細かいアクションに変更がありました

どうやら、『スーパーマリオ オデッセイ』のアクションを取り入れたようです

敵を踏んだときのジャンプは、通常ジャンプするWii U版のほうが好みでしたが、

そのほかの変更点は、スイッチ版のほうがより遊びやすくなっていました


 ソロプレイでも、もちろん楽しいゲームですが、

マルチがより楽しい作品です


 キャラクター性能の違い、ステージのギミック、ネコマリオのアクション、などなど

『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』と比べ、

マルチプレイの楽しさは、『スーパーマリオ3Dワールド』が勝っています


 未体験のスイッチユーザーは、ぜひお試しあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました