【Indivisible:評価・レビュー(Steam/Switch)】RPG・アクション・格ゲー、正しい評価はどれか

ゲーム
スポンサーリンク

『Indivisible』の評価・レビュー

PS4/Nintendo Switch『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』オープニングムービー
対応機種PCスイッチPS4
クリア時間25時間前後
ジャンルRPG・アクションアドベンチャー

 海外産RPG『Indivisible』をクリアしました

アクション好きなら、オススメ!


「2D横スクロール系が苦手」

「地道にゲームするのが苦手」

こういう人には、向いてないゲームです


 ちなみに、アニメ部分は、『キルラキル』が有名なトリガーが描いたそうです

 PC版に日本語版はないので注意!

スイッチや、PS4版にはあります

逆に調整など、アップデートはPC版のほうが進んでいます

『Indivisible』:RPG・アクション・格ゲー、どのジャンルなのか

 あなたはRPG、好きですか?

アクションゲームは、好きですか?

格闘ゲーム、は好きですか?


 『Indivisible』の楽しさ、それは、RPGであり、アクションであり、格闘ゲームなところ

PRG・アクション・格闘ゲームの要素が、融合しています


 大まかに分類すると、ジャンルはRPGなります

世界を冒険して、ストーリーが進む

主人公の成長にともない、仲間も増えていく

PRGのなかでも、王道展開です


 マップ探索は、『マリオブラザーズ』というより、上下にも深い『悪魔城』という感じ

メトロイドヴァニアという、ジャンルになります


 バトルは、シンボルエンカウント式

マップにいるの敵に攻撃すれば、有利な状態からスタート

反対に、こちらがダメージを受けると、HPが減った状態でバトルが始まります


 味方の技と連携や、コンボをきめる感覚が『テイルズ』シリーズに似ていました

とはいえ、ガードのタイミングがシビアだったり

そんなところが格ゲー感が強めです

『スカルガールズ』という格ゲーの開発元なので、そういった影響もありそうです

『Indivisible』:こんな人におすすめ

 『Indivisible』をおすすめできるのは、こんな方

  1. 高難易度アクションが得意
  2. 格ゲーなど、コンボゲームが好き
  3. コツコツ上達するゲームが好き
  4. アドベンチャーが好き

 良くも悪くも、難易度が高めです

マップ探索、バトルシステムなど、序盤はなかなかうまいこと進まないハズです

進めるうち、システムの理解をし、仲間が増え、どんどん進みやすくなります


 一旦システムを理解すれば、バトルに関してはコンボゲーム

スイッチならX・Y・A・Bのボタン4つを使い、4人それぞれのキャラを動かします

波動拳や、昇竜コマンドなどの難しい入力はないので、操作技術よりコンボのパターン構築が求められます


 まとめると、3番目であげたように、コツコツ上達するのが得意な人

なんども挑戦する、チャレンジ精神があるならクリアできるはずです


 反対に、コツコツやるのが苦手な方でも、2Dアクションが得意なら楽しめます

(『マリオブラザーズ』シリーズをクリアできれば、スムーズに進める難易度)

『Indivisible』:おすすめしないのは、こんな人

 逆にこんな方は、止めたほうが無難です

  1. 2Dアクションゲームが苦手
  2. バグや、エラーがある
  3. ゲームをあまりプレイしたことない
  4. RPG>アクション
  5. ヴァルキリープロファイルを期待

 このゲーム、マップを探索するときは2Dアクションゲームになります

斧や、槍、弓などを駆使して、障害物をこえていきます

プレイ時間のほとんどがマップ探索

すばやい操作が苦手な人は、苦労するでしょう


 このゲームに、RPGを求めるのは禁物


バトルシステムは『ヴァルキリープロファイル』に似ていますが、バトル自体が少なめです

さらに、アイテムや、装備、ステータスなどの育成要素も無いに等しいです

『Indivisible』の総評

『Indivisible』の総評

『Indivisible』

高難易度

連携コンボゲーム

MAPはアスレチック式

8

満足度

6

価格

7

独自性

6

おすすめ度

 個人的には、大満足のゲームでした

ストーリーもよく、戦闘が難しいのは序盤だけ

むしろ中盤から、後半まで、バトルは簡単になっていきます


 価格は、スイッチ版が2,163円

PS4版が、2,500円

PC版(Steam版)のセール値が、2140円~2,568円


 気になるのは、探索時の2Dアクションパート

RPGとしてみると、要求するアクション難易度が高いところ

とくにラストステージ、かなり長いアスレチックステージになっています


 Steamや、Amazonのレビューなどをみると、賛否両論

高評価・低評価、星の数など関係なく、おおよそどの意見も的を射ています

評価の違いは、2Dアクション部分

クリアできたかどうか、そこが大きいようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました