【テラリア:Steam Workshop】ワークショップの紹介・使い方

ゲーム
スポンサーリンク

『テラリア』に”Steamワークショップ”が実装

Terraria Workshop 1000x300.png

 PC版『テラリア』に、“バージョン1.4.2″&”Steamワークショップ”がリリース!

おめでとうございます!


以前から開発報告があった通り、3月29日に予告通り実装されました


そんなリリース仕立てのSteamワークショップ

公式フォーラムに解説記事あったので、ここで紹介したいとおもいます

Steamワークショップの紹介

 一体、Steamワークショップとはなんなのか

何ができるのか、という話ですが


ユーザーたちが持っている『テラリア』のデータ

それらをアップロード、共有、ダウンロード、プレイできるようにする機能です


それでは、具体的にどんなものがワークショップに並んでいるか紹介します

ワールドデータ

1616010668524.png
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/

 建築勢の皆さん、名作マップを開放する日が来ました

冒険マップなど、以前はどこかのサイトからDLする必要がりました

Steamワークショップの実装により、そういったマップたちのアップロード・共有が簡単になりました


1.4からゴルフが追加されたことにより、マップ需要はこれから高まりそうです

リソースパック

Skeletron Chase – A Quick Showcase of the New Music Pack Feature with Terraria 1.4.2!
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/

 リソースパックとは

リソースパック:『テラリア』のグラフィック、音声、言語ファイル、クレジットロール、テキスト・フォントなど、ゲームのインターフェースに影響するプログラムアプリ


紹介されている動画では、ボスとの戦闘曲が変更されています

言語パック

text example.png
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/

 うえで説明した通り、セリフや、テキストを編集したものを共有可能


PCユーザーで『テラリア』に日本語化MODを入れている方も多いのではないでしょうか

Steamワークショップなら、日本語化も楽になりそうです

Steamワークショップの使い方

 『テラリア』ワークショップの使い方を紹介します

情報元は、制作会社Re-logic社の@Leinforsがガイドを載せてくれています

ここでは、それに沿って解説します


このガイドは、Steamユーザーはもちろん、Steam以外のプレイヤー両方を対象にしています


新機能の利用方法について、考えられるすべてのトピックを網羅

ご利用になる前に、このガイドをご覧になることを強くお勧めします

※解説の原文は、Steamワークショップのホームページのトップにある「詳細を見る」ボタンからも閲覧可能


Steam Workshop によるテラリアのサポートも提供

プレイヤーが作成した素晴らしいマップやリソースパックを公開


世界中のテラリアン全員がDLして楽しめるようになっています

テラリアワークショップのサポート

1616013886506.png

TERRARIA STEAM WORKSHOP


テラリアワークショップの閲覧方法

  1. SteamライブラリのTerrariaページから「Community Hub」をクリック
  2. Hub内のトップメニューにある「Workshop」をクリック
1616086365061.png
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/

 ワールド、リソースパックなどがワークショップにUP可能

UPされると、他のプレイヤーがDLして楽しむことができるようになります


Workshopを利用することで、自分の作品についての議論

作品の改善点を話し合ったりできる、自分だけの小さなコミュニティを作ることができます


ワークショップでは、アップロードしたコンテンツごとに以下の機能が用意されています

ただし、これらに限定されるものではありません

  • コンテンツの説明ページ
    • (説明文の追加が可能)
  • コンテンツ専用のディスカッションフォーラム
  • コメントページ
  • あなたが行ったアップデートの変更履歴ページ
  • Workshopファイルの評価指標・評価システム情報
  • コンテンツの名前変更
    • (デフォルトではUPされた時のファイル名を使用)
  • スクリーンショットや、動画の添付
  • 公開・非公開の切り替え

開発者より

 Re-Logicチームは今回のリリースを記念して、

アーティストである@Jimmarnと、@Lazureが作成したテクスチャパックをいくつか用意しました

これらはワークショップの「Developer’s Choice」セクションで確認できます

Laz pack.PNG
jim pack.PNG

Re-Logicチームがベストと思われるワールドや、リソースパック

それらを厳選し、Developer’s Choiceフラグを付けて、特別セクションに配置されます

1616085446228.png
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/

どんな作品を作ってくれるのか、楽しみにしてるとのこと

ワークショップの解説

 さきほど書いた通り、Re-logic社の@Leinforsがワークショップを解説してくれています

ホームと、コンテンツページにわけて説明しています

ホームページ

 まずは、テラリア スチームワークショップのトップページから

ここにはいくつかのセクションが用意されています



トップバーのナビゲーションでは、各セクションを素早く移動することができます

トップバーの内容

  • ホームページ
  • アイテム
  • コレクション
  • お気に入り/購読アイテム
  • ワークショップに関するディスカッション

その下には、最も人気のある(最もダウンロードされた/評価された)アイテムたち

前述した「Developer’s Choice」に関連したセクション、2つの特集があります


1616087060708.png
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/


 今度は、右サイドバー(上)に注目

自分のWorkshopファイル(自分がアップロードしたコンテンツ)

それと、最も人気のある/トップレートの/最新のコンテンツが表示されます



右サイドバー(下)では、キーワード、タグから、すべてのコンテンツにアクセス可能

検索結果を絞り込むことができます


トップページでは、タグは1つしか選択できません

ブラウズや、その他のページでは、好きなだけタグを選択が可能です


一番下には、3つのタブリストが表示されています

3つのタブリスト

  • Most Popular:DLトップ
  • Most Subscribed:お気に入り順
  • Most Recent:最近追加

コンテンツページ

1616087198299.png
https://forums.terraria.org/index.php?threads/unleash-your-creativity-terraria-steam-workshop-support-launches-today.104084/

 Steamストアのように、テラリアワークショップでもコンテンツについての情報を確認することができます


イメージ枠には、制作者が選んだ画像と、その他のスクリーンショットなどが表示されます


右上には、ファイルサイズ、作成日、更新内容が表示

また、作者が共有している変更履歴も、ここで確認できます


画像パネルの下には、コンテンツへの評価、お気に入り/共有、賞(Steam ポイント)、コレクションへの追加、報告(小さな旗のアイコン)を行うことができます


下品なコンテンツ、攻撃的なコンテンツなどは削除されます

また、法的な問題や著作権などに違反するコンテンツも削除対象です


“SUBSCRIBE”ボタン


最後に、大きな緑色の「SUBSCRIBE」ボタンをご紹介します


このボタンをクリックすると、コンテンツをDLできるだけでなく、

今後コンテンツが更新された場合には、その情報を受け取ることができます


その下には、コンテンツにコメントを残したり

作者や、クリエーターと交流することができます

おまけ:その他の修正

バージョン1.4.2の実装にともない、バグ修正もされました


新機能の追加

  • テラリアにSteam Workshopのが追加
    • ワールドファイルやリソースパックのDLや共有が可能に。
    • リソースパックの機能を拡張し、言語の置き換えや音楽の置き換えが可能に
  • 「リサーチ」と「ベスティアリー」のメニューに、検索テキストをすべて削除するボタンを追加
  • バナーに、遠距離攻撃に対し、プレイヤーの防御力を高める効果が追加
    • 以前は、接触ダメージにのみ
  • キャラクターやワールドの名前を変更できるオプションを追加

修正したバグ報告

  • Demon Altars上でRolling Cacti がスポーンしてクラッシュする問題が繰り返し発生していたのを修正
  • プレイセッションで生成されたワールドの数に応じて、シードが常に同じワールドを生成しない問題を修正
  • 一部の落下タイルがプラットフォームに着地せず、プラットフォームを突き抜けてしまう問題を修正
  • 紙飛行機が、Bestiaryに記載されている数だけドロップしない問題を修正
  • 落ちてくるコインが、他のコインの上に乗ってしまう問題を修正
  • マルチプレイ時にトラップドアが正しく同期せず、敵が通過してしまう不具合を修正
  • Giの衣装を着て座っていると「ジャンプ」のポーズをとる問題を修正
  • サーバー上で苔が広がる際、適切なフレームが使用されないことがある問題を修正
  • スムーズマーブルブロックがエコーブロックと合体してしまう問題を修正
  • Ale Tosserがフロスト防具の”Frostburn”効果を正しく受けられない不具合を修正
    • Ale Tosser:NPCのTavernkeep(酒場店主)がドロップ
  • スモークブロックがゲーム中、ハンマリングされたままにならない問題を修正
  • 海モンスターの一部が、安全な壁の中でも出現することがあった問題を修正
  • Twinkle PopperのTwinklesが爆発攻撃の際にお金を消してしまう問題を修正
  • Fossil Pickaxe、Tree Globe、World Globeを落とすと、ブロックを突き破って落ちてしまう問題を修正
  • 肉壁が、ワールドの境界線より下に落ちてしまうことがある問題を修正
  • ユナイテッドシールドが特定の状況下で、武器でなのにアクセサリーの染料を表示していた問題を修正
  • レゾナンスセプターとライフドレインが、右側の敵にしかノックバックしない問題を修正
  • 高速弾が、特に大きなターゲットに2回ヒットすることがある問題を修正
    • マルチセグメントの敵には適用されません
  • 海の中で、ナマズが発生することがある問題を修正
  • Wand of Sparkingの発射時に、MagicではなくMeleeのダメージ修正が使われていた問題を修正
  • 隕石の生成が文字通り不可能な場合、まれにゲームがフリーズすることがあった問題を修正
  • ワスプガンのツールチップに “Wasp Gun “としか表示されていなかった問題を修正
  • 死亡したプレイヤーやハードコアプレイヤーのゴーストが、プレイヤーロジックセンサーに干渉する問題を修正
  • スターキャノンの弾がクリティカルヒットしなかったり、装備品からステータスボーナスを得られないことがあった問題を修正
  • スターキャノンの投射物が、プラットフォームを通過して発射できない問題を修正
  • 1.4.1にあったアイテム増殖バグを修正
  • 特定の高さから、ある角度のスパイクがプレイヤーを傷つけない問題を修正
  • ワールドグローブが、一部の森の背景をスキップしてしまう問題を修正
  • フロッグレッグがスタックしないにもかかわらず、「両生類のブーツ」が他のフロッグレッグとスタックしてしまう問題を修正

コメント

タイトルとURLをコピーしました