【デジモンアドベンチャー:49話】原作/リメイク版の比較・解説と感想

Video
スポンサーリンク

第49話:「邪神降臨ミレニアモン」

 今週も『デジモンアドベンチャー:』を

原作のストーリー踏まえ、解説・感想を紹介していきましょう!

視聴可能なオンデマンド


・前回の記事は、こちら


デジモンの記事は、全てこっちにまとめました

あらすじ

 ベーダモンにより、ミレニアモン復活が実行段階にはいった

ミレニアモンの肉体は、完成しつつある


ムゲンドラモンとの戦闘が起こした大爆発

それを目にした子供たちは、打倒ミレニアモンを決心した


ヤマト、コウシロウ、ソラは、ミレニアモンのもとへ向かう

消耗したジョー、ミミ、ヒカリ、タケルは、その場で待機することになった


ヤマトたちは、ミレニアモンから産み出されたグリフォモンと戦う

一方、傷ついたジョーたちは、タイチたちの行方を心配していた


兄が消えたことで、ヒカリはふさぎ込んでしまう

ミミはそんなヒカリに、タイチの帰りを信じて笑顔で待つことを伝える


なんとか、復活を阻止しようとしたヤマトたち

だが、完全にミレニアモンが復活


ミレニアモンが発する攻撃により、消滅しかける子供たち

その最中に、勇気の紋章により進化したウォーグレイモンが姿をあらわした

第49話:原作との比較

 原作のラスボスである、ダークマスターズとは違い

今回の宿敵は、ミレニアモン



ぱっとみ、原作とは何の関係もないようですが

このミレニアモン、実はダークマスターズと関係があります


初登場したゲームの設定では、ミレニアモン=ムゲンドラモン+キメラモン

このムゲンドラモンは、原作でウォーグレイモンに敗れたデジモン


キメラモンは、それまでタイチたちが倒してきたデジモンが融合したもの

ゲームシリーズの詳しい話は、下の感想を参照


今作のリメイクでは、ただ単に凶悪なデジモンではなく、ミレニアモンを抜擢

意外に原作と無関係でない、なるほどポイントです

第49話:「邪神降臨ミレニアモン」の感想

 とうとう本編では、ミレニアモンが復活


ワンダースワンで発売された秋山遼シリーズの宿敵がミレニアモンですが

このワンダースワンというゲーム機

ありえない程データが飛びやすいハードだったので、人気はお察し…


デジモンは好きでも、プレイしたことのない人も多いハズ

なので、秋山遼と、ミレニアモンが登場するWSシリーズをおさらい


発売されたシリーズは、全部で4作



第1作目である『アノード・カソードテイマー』

原作『デジモンアドベンチャー』で倒されたデジモンたちが融合し、ミレニアモンが誕生

時間を操るミレニアモンは、子供たちを亜空間へ閉じ込めます


しかし、アグモンだけがなんとか逃れ、秋山遼と出会いデジタルワールドへ

子供たちを助け出し、ミレニアモンを撃破したのが『アノード・カソードテイマー』の話



2作目の『タッグテイマーズ』でムーンミレニアモンとして復活

ミレニアモンの攻撃を食らい、一乗寺賢がデジモンカイザーの道へ



二度あることは、三度ある

3作目『ディーワンテイマーズ』で、再び復活

最終決戦で、ムーンミレニアモンに



シリーズ最後の作品である『ブレイブテイマー』

前作の最終決戦の直後から、物語はスタート

いよいよ、遼と、ミレニアモンの決着がつきます



WSシリーズ=リョウと、ミレニアモンの戦いということ

ミレニアモンに関しては、次回の記事で詳しく解説する予定です



 ラストに近づいてきた『デジモンアドベンチャー:』

さらに進化するミレニアモンに、どう対抗するのか気になります

デジモンアドベンチャー: 第50話予告 「終結 究極の聖戦」

コメント

タイトルとURLをコピーしました