【デジモンゴーストゲーム:1話】あらすじ&感想

Video
スポンサーリンク

第1話「口縫男」

 2021年10月に放送開始した新作『デジモンゴースト』

あらゆるデジモンコンテンツを踏まえ、あらすじに沿った感想まとめ


視聴可能なオンデマンド


✓デジモンの記事は、全てこっちにまとめました↷

あらすじ&感想

 『アドベンチャー:』から、すぐさま放送開始された『ゴーストゲーム』

一言でいえばアニメというより、展開が漫画にちかい


まだまだ序盤ですが、全体の3分の2を過ぎた頃から、一気に面白くなる予感

倒すべき敵が登場したあたりから、さらに物語に緊迫感が生まれそう


『Vテイマー01』の製作陣が関わっているせいか、どこか1巻目の数話や、漫画の後方に掲載されていた読み切り作品と似た匂い


『ゴーストゲーム』の始まりは、非常にARが発達した街並みからスタートする

近未来のデジタル化した世界で、デジモンたちが現実にどう影響するのかというのがテーマ


広告や、看板、標識までもが、ホログラムだったり

作中の通信方式が、世代を飛び越して、なんと7Gだったりする


これから伸びる分野として期待されている、ARや、VRが取り入れられているのリアルで面白い

そして、そのAR技術を利用して、デジモンたちが現実世界で事件を起こすという設定だ


物語の主人公は、天ノ川 宙(アマノカワ ヒロ)という中学1年生の少年

歴代の主人公では、いないタイプ

『テイマーズ』に登場するタカトの要領を良くしたというのが近いかもしれない


そんなヒロが通う学校で、“口縫い男”の事件が発生

その怪人に遭遇すると、時計がバグり、「いま、何時?」と質問されるという

襲われた人間は、干からびたような状態になって発見されている


朝放送のアニメにしては、なかなかエグいやられ方

突然学校で発生した怪事件だが、ヒロ少年はこういう事件は初めてじゃない様子


以前は父親との二人暮らしだったが、中学の入学式当日に父親が部屋でなぞの失踪をしている

部屋には、周りの空間をえぐるような大きな穴と、床には腕時計のような機械だけが残されていた


友達の誘いにのり、事件現場に親友するヒロ

持前のピッキング能力を駆使して、部屋に侵入


さっそく“口縫い男”に襲撃されるヒロたち

正体は番組予告にも登場していたクロックモン


事件に巻き込まれたヒロだが、襲撃中に先生がきて、なんとかヒロだけは生還

怪奇現象に遭遇し、不安をおぼえるが、父親が遺した腕時計のような装置が反応し、 ガンマモンが登場


父親のホログラムに、ガンマモンの世話を頼まれる

しかも腕時計のような装置は、「あっ、バイタルブレスだぁ」という筆者の予想を裏切り、これが今作のデジヴァイスとのこと


どうみても『バイタルブレス』だが、デジヴァイスというのだから仕方がない

本当は発売前後に放送したかったのか、やけに販促というか、プロモーション運動がうかがえる


見間違えか、作中でも走り回ったバイタル値が、ガンマモンに付与されていた

運動や、筋トレをして進化させる『バイタルブレス』だが、筆者の見間違えだと願いたい


だって本気でこの設定が作中でも当てはまってしまうと、

ヒロがムキムキになるほど、デジモンが進化してしまうなど、完全にギャグアニメだ


そういうことで、どういう力でデジモンをパワーアップさせるかは、いまだ不明である


ところで、”口縫い男”という、散々な俗称で呼ばれてしまうクロックモンだが

デジモン図鑑では、「時間を自在に操れる」とあり、さらには「強力な力ゆえ、中立の立場をとっている」とのこと


「ホントかよ?」と聞きたいところだが、今回取り逃がしているので、また再登場はしそう

今後の展開(予想)

 今作に期待してるデジモンファンは、多いのではないだろうか

まだ1話目だが、世界観や、設定がデジモンとマッチして良い感じだ


公式サイトや、OP・EDを観ると、メインキャラクターは、今回登場した寮長の東御手洗 清司朗(ヒガシミタライ キヨシロウ)と、序盤に登場したSNSを巧みにあやつる月夜野 瑠璃(ツキヨノ ルリ)

この二人がパートナーデジモンと出会い、戦いが本格化すると予想している


でも、1話なのにクロックモンが逃げたところもあり、敵を倒して終わりという、単純な話ではない様子

インタビュー(21:30あたり)でも、”倒す”解決方法は一番使わないと語られている



 来週にはいきなり、完全体である”マミーモン”に遭遇するよう

第2話「博物館ノ怪」

コメント

タイトルとURLをコピーしました