【モンハンライズ:PC版】最低スペックで遊んでみた結果

ゲーム
スポンサーリンク

最低スペックのPC

 筆者のPCスペックはこちら

  • CPU:Core i5 4440
  • メモリ:8G
  • GPU:GTX 1050 ti
  • ストレージ:SSD

PS4 Proに毛が生えた程度のスペック

10年近く前のPCという、自分でもびっくりするが、そこそこゲームを楽しめているのも事実だったりする


『モンスターハンターライズ』も中設定にすれば、1080p、60FPSで動いてしまった

さすがに最高設定にすると、カクカクしてしまった

実際に動かした結果

 Steamのシステム要件にある「最低」に近いスペックだが、そこそこ動くから驚いた

スイッチで動くことを想定しているので、そこまで高スペックPCは必要ない


マガイマガド戦でPCの使用率を調べてみた

CPU使用率は脅威の100%だが、とくに挙動がおかしくなることもない


FPSも60前後を維持している

システム要件ぎりぎりだが、それでも中設定にすれば、1080p、60FPSで動くことが判明した

https://store.steampowered.com/app/1446780/MONSTER_HUNTER_RISE/?l=japanese

PC版のメリット

 スイッチ版が30FPS、今回は60FPS(MODで60FPS以上にできそう)

ほとんどの人が、ハッキリ違いがわかるほどのスムーズさ

動きがなめらかというより、ゲームのスピードが速く感じる


フレームレートの違いも良いが、画面が綺麗

PC版の売りは、なによりもグラフィックが綺麗なところ


今から『モンハンライズ』を始めるなら、PC版一択

筆者の低スぺPCでも動いたが、安いからといって、おなじ構成の中古PCを買うのはオススメしない


筆者のこのPCは、ツクモで7年ほどまえに購入したもの

『モンハンライズ』は遊べるが、『APEX』や、最近発売された『Back 4 Blood』などは遊べない


最低でも10万円以上

15万円以上のPCなら、PS5以上の性能で遊ぶことができる



 以上が、要件ギリギリで動かした、『モンハンライズ』のPC版のレビューでした

ここまでベタ褒めですが、じつを言うとPC版を購入する予定はありません


公式の発表によると、セーブデータ共有どころか、データ移行もないとのこと

もう筆者に、護石周回をする気力はなかったりする

『モンスターハンターライズ』に、クロスプレイとクロスセーブは実装できない。カプコンが直に説明 - AUTOMATON
カプコンは10月12日、『モンスターハンターライズ』『モンスターハンターライズ:サンブレイク』においてクロスプレイとクロスセーブを実装できないことを明らかにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました