【OPUS-魂の架け橋:感想&レビュー】前作と比較した結果

ゲーム
スポンサーリンク

OPUS-魂の架け橋:感想&レビュー


『OPUS』シリーズに新作が登場

2021年9月1日に『OPUS:星龍の響』がリリースされました

Steam:OPUS 星歌の響き
宇宙探索、冒険、そして謎解きの物語。未知なる惑星「龍脈」に眠る膨大なエネルギーを巡り勃発する大国同士の争い。龍脈を探す歌声を持つ少女—エイダは、同じく龍脈を探す少年と出会い、太古からの神話の謎を紐解いて行く…

PC・モバイル・CSと、さまざまな機種でリリースされている本作

新作はまだPC版のみのようですが、モバイル版や、スイッチなどのCS版も順次リリースされるでしょう


それを聞いて、積んでいた『OPUS-魂の架け橋』をプレイしたのが今回の本題

以前に『OPUS-地球計画』はプレイ済み


前作を踏まえ、クリアした感想&レビューをまとめてみました

メインキャラクターは二人

 主人公ともいうべきキャラクターが二人登場します


物語の舞台となる、オプスロケット工場がある町に住んでいるヨハン

町に流れてきた、巫女であるリン


魂をロケットにのせ、慰めるというのが巫女の役目であり、この世界の習わし

本来、巫女だけが聞こえる魂の声


なぜかその声がきこえるヨハン

その声から解放されるため、しぶしぶリンと協力してロケットを開発しています

ゲーム部分が改善

 ロケットの打ちあげ当日

ゲームは主人公である、ヨハンの子供時代からスタート


前回の『地球計画』から、ゲーム性がパワーアップ

マウスをカチカチするクリックゲーだった前作

今作では、見下ろし型の探索ゲームになったようです


ロケットが打ち上げられる丘を登っていくと人だかりが

打ちあげは、巫女と呼ばれる人たちにより行われているそう

それを眺めるヨハン少年


回想が終わると暗転

ロケットが突如墜落し、雪に覆われた街からスタート

操作は大人ヨハンとなり、いよいよ本編が開始


試作ロケット13号の打ちあげのため、4つの部品を調達するのが目的

回収したアイテムはリンに渡し、ロケットの部品にしたり


電動カッターや、寒冷地仕様のブーツをつくるなど、探索アイテムの素材にもなります


探索は9時から、21時までの間におこないます

時間が過ぎたり、ブーツもなしに深い豪雪地帯を歩くと、余分に時間を消費します


また、魂の声にあてられると、ヨハンの体力が消耗

なんらかの理由で限界になると、強制的にリンに救出されます


無理やり進み、案の定リンのお世話に

この飽きれ顔ですが、これから何度もおがむ羽目に…


フィールドには、魂の声が点在しています

無視すればいいかというと、そうではないのが難しいところ

ロケットに乗せる遺品の手掛かりや、攻略の糸口を知らせてくれるなど、無下にできなかったりします


なんだかんだ、ロケットの部品をあつめ終え、試作機13号が完成

見事打ちあがり、その行方を見守る二人…


魂の声が消えてよろこぶヨハン君

ですが、そんなヨハンが突然事故に遭い…


と、ここまでが序盤のストーリー

この後も試作ロケットをつくり続けることになります


ヨハンと、リンは無事に、ロケットを宇宙まで飛ばすことができるのか

ヨハンがなぜ魂の声をきくことができるのか


 カジュアルながら、引き込まれるストーリーは前作とおなじ

Steamのセールだと、前作・今作どちらも300~400円台


ゲーム性はシンプルですが、クリアも3~4時間程度

サクっとプレイするのには、おすすめな作品です

コメント

タイトルとURLをコピーしました