「Steam Remote Play Together」:使い方&エラー&体験レポート―離れた人ともローカルマルチ―

Steam remote togetherゲーム
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは,縛りプレイヤーの,プニプニと申します

Beta版から「Steam Remote Play Togetherを使っているのですが

かなり実用的な機能なので,ここで紹介します

 

「Steam Remote Play Together」 とは?

ローカルマルチをオンラインでもプレイする機能!

Steamで購入したゲーム限定ですが(19/11月,現在)

Nvidiaも似たような機能を出してますが,「Steam」で使えるところが敷居が低い

「Steam Remote Play Together」 のメリット

・ローカルマルチしか実装されてないゲームでも,離れた友人と一緒にプレイできる

・ホスト側がゲームを持っていれば,招待された側がゲームを所有する必要はない

招待側がゲームを用意しなくてもいいので,気軽にフレンドを誘える点がいい!

「Steam Remote Play Together」 のデメリット

不安定なことが多い,ゲームによっては重かったり,ラグかったり

・ゲームによっては招待不可能だったりする.アプデに期待

「Steam Remote Play Together」のやり方

ホスト側

Speedrunners』を例に説明します

1:ローカルマルチしたいゲームを起動

2:ローカルマルチの参加画面までいきます

格ゲーでいう,1P,2Pを選ぶ画面

3:「Shift」+「Tab」を押す

この時点で,フレンド一覧が出ることも

4:フレンドリストから「Remote Play Together」で招待を送ります

フレンド一覧が無ければ,①をクリック

5:相手の認証を待ちましょう.音量調整の項目なども出てきますが,まだ不安定なゲームもあります

6:招待が完了したら, 「Shift」+「Tab」 でゲームに戻ります

参加側

1:相手の招待を待ちます

2:招待が来たら,認証をしゲームに参加します

補足:コントローラーで操作したい場合はあらかじめ接続します.認証を受けるとき,操作方法を選択できます

エラー・問題点

重い・繋がらない場合

 ゲームの動作が重い場合、考えられるのは

大体が、通信環境・通信距離・PCスペック

この3つに関して、ホストorクライン間に問題がある場合が多いです

重い原因
  • ホストorクライアント(受け手)の通信環境が悪い
  • ホストとクライアントの住んでいる距離が遠い
  • ホストorクライアント側のPCスペックが足りない

通信距離>通信環境>PCスペック、

7人と遊んで体験した限り、この順で重要度が高いです

解決方法

 3つの問題点に関して挙げましたが、

Remote Play Togetherのために引っ越しては本末転倒

回線やプロバイダーを変更するのも面倒ですし

PCスペックを上げるのも、なかなかの出費

 そこで解決方法として、

クライアント側が、ホスト側から送られてくるデータ容量を制限する方法

手順としては

クライアント側の設定
  • Steamクライアントを起動
  • 左上にある「Steam」or「表示」から設定を閲覧
  • 設定から「Remote Play」を選択
  • Clicent options streaming to this computerに注目
  • 高速・バランス・美麗、とあるので「高速」に設定
  • さらに、「クライアントの詳細設定」を閲覧
  • 帯域幅」や「解像度」をクライアント側のPCに調整

 他にも方法があれば追記していきます

なにか良い方法を知っている方、

また相談など、何かあればコメントまで!

通信距離について

 同市内に住んでいる場合は、

クライアント側が

  • Core 2 DuoのノートPC
  • モバイルWi-fi

という環境でも、

3Dゲームをプレイ可能でした

 逆に800㎞程度離れている場合ですが、

ホスト&クライアント共に

  • グラボ搭載のPC
  • 光回線

 この条件でようやく3Dアクションゲームがプレイ可能でした

(Remote Play Together実装当時:ベータ版;なので

現在の方が安定する可能性アリ)

 逆に国外だと、2020年5月時点では

クライアント側は画面が暗転したまま、プレイ不可能でした

操作のエラー

  「4人プレイのゲームをしたいが、

一人が操作すると、ほかの操作キャラが全員動いてしまう!」

、という事態に遭遇したので

そのときの解決方法を紹介

 さっそくですが、操作に関する問題として

ホスト側、クライアント側、ゲーム側

この3つが、単体だったり、合わさり問題が起きていました

解決方法:手順その1

 そのゲームが対応している、操作方法を確認しましょう!

ゲームによっては、キーボード+マウスと、コントローラーの操作に

対応していなかったりします

 まずは、ホスト側のみで想定したオフラインマルチが

環境で遊べるかどうか試しましょう

解決方法:手順その2

 手順その1で問題なければ、

クライアント側に問題がないか確認します

  • キーボード操作か、
  • コントローラー操作か
  • 通信環境は問題ないか

、などなど

ホスト側で動いた環境と違いはないか確認します

解決方法:手順その3

 「それでも動かない!」という方

ゲーム側の問題なので諦めて下さい

と言うのもあんまりなので、

 筆者が最終的に試した方法を紹介します

◎具体的には

方法その1
  • ホスト側が人数分、想定した操作機器(K+マウス、パッド)を接続
  • クライアント側と通信が完了させ、ゲームを確認
  • クライアント側に操作して欲しい機器と、ホスト側のPCの接続を外す
  • クライアント側の操作機器を接続する

 上手くいかない時は、ホスト側・クライアント側、

操作機器の接続タイミングをズラしてみたて下さい

方法その2

コントローラーのメニューボタンを押す

 Steamの掲示板に載っていた方法ですが

キーボード+マウスorコントローラー、

ともに特定のボタンを押すと認識されるというハナシ

 掲示板ではXboxのコントローラーで説明されていましたが

メニューボタンを押すと認識されたようです

 この方法ではRocket League:ロケットリーグ、で成功したらしく

「Cuphead:カプヘッド、でもいけるカモ」とのこと

方法その3

キーボード&マウス+コントローラー操作になってる

 『Death Squared』でそうだったのですが、

クライアント側がコントローラーではなく、

キーボード操作になっているパターン

 方法その1で解決しそうですが、

キーボードを外すワケにもいきませんし

コントローラーを抜いても変わらなかったので

このままプレイするか、解決手順を参照してください

「Steam Remote Play Together」の実例

体験談とフレンドから聞いた話をもとに紹介します

フレンドRさんとの 「Steam Remote Play Together」

お互い光回線

距離は800㎞。Beta実装から2~3日後すぐにプレイ

・ Heave Ho:Rさん側がホスト

 プレイ感覚では若干もっさり気味

ラグは体感0.5秒以下

ゲーム自体は十分プレイ可能

・GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R

「Steam Remote Together」実装当時には,

「招待する」項目が無く、招待不可能だった

19/11月に確認したときには,招待可能になってました

・Never alone:筆者がホスト側

Heave Hoと大きな違いはナシ

探索パズルゲーなので十分プレイ可能

 ほかの例とは違い、フレンドAさんとは住んでいる場所が離れているので

それが影響しているのかも

フレンドFさん との 「Steam Remote Play Together」

Fさんとは同じ都市住み

Fさんはソフトバンクエアー;回線速度は20~30Mbps

Death Squared

若干ラグありのFさん

Fさん側がラグでうまく操作できなかったそう

ステージはクリアできたので一応プレイ可

Sonic Adventure 2 Battle

 爆音のためプレイ不可

フレンドを招待するときに

音量設定ができるんですが効果なし

 ホスト側でWindowsからソフトごとに

音量設定から調節する必要がありそう

Sonic & SEGA All-Stars Racing

 問題なくプレイ可能

ラグも少なく問題なく一周プレイ出来ました

3Dレースゲームはプレイ可能

Think of The Children

 3D子守ゲー

ラグもほぼ無く、快適にプレイ可能

Merchenary Kings

 メタルスラッグのような、2Dベルトアクション

このゲームもラグ無し、快適にプレイ可能

Rocket League

 ローカルマルチが不可能

通信の問題ではなく、操作に関するエラー

一台の車を二人で操作することになった…フュージョン状態

Speedrunners

 2Dベルトレースアクション。快適にプレイ可能

Fさん側もラグ無し。安定してプレイ可能

Aさんの体験談

Aさんから聞いた体験談です。短いですが参考に

Think of The Children

ラグはほぼ無いが不安定

プレイは可能だったとのこと

4人コープだったので、安定しなかったのか

まとめ

  • お互いの距離
  • 2Dなのか3Dなのか
  • ゲームの重さ

が関係しているようです

Steamにはローカルマルチ前提のゲームもあるので、

ユーザーにとってはうれしい機能

招待側がゲームを購入する必要がないところが,使いやすいです

 

 「Google Stadia」には否定的なレビューが多いです

しかし、この流れが成功するとゲームハードを用意する必要なし

 生放送などで視聴者とゲームを一緒に

楽しむ」というハードルは簡単にこえられそう

以上が 「Remote Play Together」 の体験レビューでした

 

ここまで読んでくださり,ありがとうございます!

↓Youtubeでもブログ記事についての補足や検証をアップしていきます

実際にプレイした実況動画もここに,生配信もしてます

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↓放送など予告する時はここ

コメント

タイトルとURLをコピーしました