【Rocket League 攻略のコツ】練習嫌いが、やってよかった練習 4選

ゲーム
スポンサーリンク

『Rocket League』やってよかった練習

 先日、2020年夏から

ロケットリーグ』が無料で提供されることが決定されました

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 筆者は2018年の7月から『ロケットリーグ』をプレイ開始

執筆時では丁度、2年のプレイ経験があります(プレイ時間:800時間)


 個人的な話ですが、筆者は練習が嫌いで

プレイ時間のほとんどが試合時間です


 そんな筆者が、『ロケットリーグ』をこれから始める方に、

やって良かった練習4つをご紹介

 

パワーショット

 バウンドする力を利用して、打ち出すシュート

プロプレイヤーもパワーショットの大事さを説くほど


 鋭いシュートを打つには、必須のスキル

パワーショットについては、下の動画がおすすめ

【ロケットリーグ】パワーショット講座【初-中級者向け】

デフォルトのトレーニング

 ゲームを始めたばかりの頃は、

デフォルトのトレーニングにお世話になりました


 キーパー上級が安定してクリアできれば、

オンラインに参加しても、ディフェンスで困ることはないハズです


 フリープレイや、空中など、上級プレイヤーにも

試合前に調整として、トレーニングに使われています

効果的な練習方法

How To Train PROPERLY In Rocket League

 トレーニングも工夫次第で、効果的に行うことができます


  上の動画は、試合の状況に近づけるためのトレーニング解説

 トレーニングだとボールが来るところが分かります

しかし、練習ほど早く判断し

試合中にボールをタッチするのは不可能ですよね


 動画ではトレーニング中、すぐにボールをタッチせず

ブーストに一旦触るなど、シュート前に縛りを入れる練習方法を紹介しています


ちなみに、動画内のトレーニングコードは「F001-A333-AAEB-2786


 他にもトレーニングの空中を使った、トラップの練習など

工夫次第で、さまざまな練習が存在します

味方との連携

 ボールを打つことに、慣れてくれば

パス回しを意識する時期


 毎日プレイし続け、次第にシュートも狙えるようになるんですが

ある時から、コースを狙ってパワーショットを打っても

止められることが多くなりました


 狙うコースも悪いことがあるでしょうが、

ディフェンスの上手いプレイヤーと

一緒の試合にあたるようになったのが理由でしょう


 直線的なシュートだと入らない

なら、味方と連携すれば!

パス回しと、ポジショニングを意識して

1試合のシュート率が、1~3本ほど上がりました


 野良だと、連携は難しいですが

攻めだけでなく、ディフェンス時のクリアなど

意識するだけでも、プレーに変化があるはずです

まとめ

 紹介した以外にも、役に立った練習法もありますが

個人的な経験では、エアリアルや、シュート練習は

試合中に上達していきました


 もちろん、練習が苦ではない方は

トレーニングを積んで、精度を上げる方がおすすめします


 無料になる予定の『ロケットリーグ』

筆者はPCでプレイしてますが、

スイッチ・PS4など、他機種で展開されています

 さらに、クロスプラットフォームプレイに対応しているので、

他機種同士、オンラインマルチが可能になっています

 未プレイの方は、この期にぜひプレイしてみて下さい

Amazon | ロケットリーグ コレクターズ・エディション - Switch | ゲームソフト
ロケットリーグ コレクターズ・エディション - Switchがゲームソフトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。
Amazon | ロケットリーグ コレクターズ・エディション - PS4 | ゲームソフト
ロケットリーグ コレクターズ・エディション - PS4がゲームソフトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました