【あつ森 ハッピーホームパラダイス:攻略】部屋づくりの5つのコツ

ゲーム
スポンサーリンク

部屋づくりの5つのコツ

 DLCとして追加された『ハッピーホームパラダイス』

おしゃれな部屋を目指したいところ


ですが、

プニプニ
プニプニ

どうすればおしゃれになるか分からない


インテリアに関する本や、資料を20冊以上読み漁り

その知識をもとにつくった部屋がこちら↷


この部屋は、いくつかのセオリーに従ってデザインしています

センスとか、才能など、一切必要ありません


ということで、おしゃれな部屋をつくるコツを手順ごとに紹介していきます

その1:全体像を決める

 いきなりですが、おしゃれな部屋をつくるコツ

それは、“真似すること”


元も子もないようですが、0からデザインするのは大変

面倒なようですが、お手本があるほうが時間もかからず、質がいいものができます


というワケで、まずは資料を探しから

自分の好みや、目指したいデザインに近いものを探します


コツとしては、似た条件で探すこと


  • 規模・機能
  • 間取り

名作住宅や、ホテルの部屋から探すのも有効


また、必須の家具が3つあるので、それらのキーワードから探す方法もあります

今回の場合だと、「北欧インテリア+暖炉」などで検索しました

その2:配置

 デザインの方向性が決まれば、あとは並べるだけ

今回はあえて狭い、初期サイズの部屋をデザインしてみます


配置は、まずは大ざっぱにリビングと、ダイニング

余裕があればキッチンを追加する予定


基本的に、キッチン+ダイニングリビングで区分けしています

家の中を移動する時に通るルートである“動線”を意識します


ベッドを置きたいところですが、スペースがないので断念

ソファーの裏は隠したいところ

スペースもあったのでキッチン家具を追加


狭くなりましたが、人が通れるスぺ―スは確保できています

コツ3:色と素材

 本や、資料を読んでいると、インテリアと、ファッションには共通点があります

それは色づかいや、素材の組み合わせ


小家具や、小物の色や、素材で部屋の雰囲気をつくっていきます

 落ち着いた雰囲気をつくりたい場合

ベッドや、ソファーなど、大きな家具はベーシックカラーを選ぶのが無難

(ベーシックカラー:白、ベージュ、茶、グレー、ネイビー、カーキ、黒)


と言いつつ、暖かい雰囲気にしたかったので、今回はノルディック風のソファを選択

赤っぽいので、ほかの家具もそれに合わせることにします


色を使いたいなら、小家具や、小物の色で味付けをしていきます

今回は木の色と、赤を中心に配置・配色していきます

素材

 素材を組み合わせることで雰囲気が出ます


例えば、暖かい感じを出したいなら


  • 毛足の長いラグ
  • ファークッション

などなど、目指すスタイルと、素材が与える印象をあわせていきます

コツ4:飾り方

 飾り方のコツは、“魅せたい物を一番目立つ位置へ”

その周りに、魅せたい物と対照的なものを置きます


例えば、魅せたい物が大きい場合、小さいものを周りに配置

重量感があるなら、軽そうな物を周りに飾ります


とはいえ、『あつ森』だと飾るスぺ―スがないこともしばしばあります

今回だとソファー横の棚なんかがそう


花と、花瓶を置いた時点で、左右に物が置けない状況に…

小物の種類もまだ少ないので、色だけそろえて配置しました

アートの飾り方

 アートを並べるのも、ちょっとしたコツがあります

それは少し“低め”に配置すること


美術館と違い、インテリアの絵はじっくり鑑賞するわけじゃありません

とはいえ、『あつ森』は等身が低いので、窓の中心と合わせるようにすると綺麗に飾れます


絵のならびを揃えるのも有効です

画像の絵画や、写真を中心点で合わせています

コツ5:照明の配置

 照明の種類は大きく分けて3つ


  • 読書、仕事、化粧台などに置くタイプ
  • インテリアのアクセントに使うタイプ
  • 雰囲気づくりのためのタイプ

今回は部屋が狭いので、ソファーの横にフロアランプを置きたかったのですが無理でした

これらの照明を組み合わせます


画像

明るい雰囲気を出したいなら、部屋の照明はオン

ムードを出したいなら、家具照明だけを使うとそれっぽく見えます

画像

まとめ

 参考にするデザインを探して、動線を意識して配置

色や、素材を合わせて、小家具や、小物を飾り、照明をセットすれば完成


家具メイカーや、インテリア雑誌を読んでいると、これらのセオリーに従っていました

何冊か読んだ結果、とくに参考になったのはこちらの本と、こちらの本


ほかにも参考になるテクニックがありました

一度に紹介すると長くなるので、個別の記事で解説する予定です

コメント

タイトルとURLをコピーしました