【スプラトゥーン3:弓の攻略】エイム力なしでS+にいく方法

Nintendo:任天堂
スポンサーリンク

ストリンガーがS+にいくために必要なこと

 先日、弓をつかいウデマエS+に到達しました

ウデマエが上がりやすい仕様ですが、一区切りついたと言ったところ


S+に到達するまでに、いくつか試行錯誤した結果

改善点が3つあったので、それらを紹介したいと思います

まずは塗る!

 エイム力がない弓使いに必須なのが「塗り」です

塗られていないと、当たらない弾がさらに当たらなくなります


「弓は塗れない」と巷では、噂されていますが

通常撃ちをしながら移動をすれば、塗りは弱くはないです


とは言っても、なかなか大人しく塗らせてはくれません

チャージ、曲射を使って塗り拡げ、人数差がつけばガンガン塗っていきます


塗りはどのランクでも重要です

如何に塗り状況を良くできるかが、S+に上がるには必須となります

“エイム力のいらない”敵の倒し方

 私にはプレイ時間に比例したエイム技術がありません


どれくらいのエイムかというと、止まっている敵には当てれます

ピョンピョン跳ねていたり、左右に動いている敵にはほぼ当たりません


しかし、なんだかんだキルをとらないと、ランク戦で勝ち続けるのは難しいのが事実

塗りで圧倒すれば、キルしなくても勝ち続けられるでしょうが

弓にそこまでの塗り能力がありません


エイム力があれば困りませんが、逆立ちしても当たらないものは当たりません

そこで“コンボ撃ち”でキルを取るようにしています

コンボ撃ち

 「コンボ撃ち」というのは勝手に命名した技ですが

2射、または複数回の射撃で倒すという方法です

誰でも実践してそうですが、キルしやすいコツのようなものだと思ってください


  • 敵の足止めや、意図した場所へ動かすなど、体勢を崩すための射撃
  • ダメージ、キル重視の射撃

この2パターンを組み合わせて、敵を倒します

また相手との距離によって、一段階と、二段階のチャージ溜めをつかい分けます


具体的なパターンをあげると

遠くの敵の場合、MAXチャージでまずは当てたとします

すでに50以上のダメージが入ってるので、距離さえ許せばMAXまで溜めずに倒すことができます

塗れた範囲に入った敵をチャージで仕留める

もうひとつのパターンは、敵が近づいてきたパターン

半チャージで足をとり、もう半チャージで敵を倒すことができます


弓は爆破ダメージを2回入れれば、確実に倒すことができます

マグレでも、狙い通りでも、1射目でダメージが入っていれば、MAXチャージじゃなくても倒すことができます


これでも打開時などは当たり一面塗られているので、倒すのは非常に難しいのも事実

このコンボ撃ちと、サブ、スペシャルをあわせて仕留めていきます

もし近づかれたら

 エイム力がない弓の使い手は、近づかれた即お陀仏

これが最大の弱点となります


マニューバ系のスライドや、ローラー、筆などの近接タイプはこちらに突っ込んで来ることが多いです

近接戦が苦手なのは事実ですが、対策がないわけではありません


ローラーにはポイズンを投げると、動きが鈍くなりコンボ撃ちの餌食

スライドはインク消費が激しいので、周囲を塗ってインク切れを狙います

ポイズンはすぐ抜けられるので、あまり有効ではありません


いろいろ紹介しましたが、近づかれた時点でやられるのは必至

ポイズンを投げて即撤退もありです

ギアについて

 正直なところ、ギアは全くの適当です

その適当ななかでも、意識して使ったギアは2つ


インク回復と、スペシャル増加

ギアを厳選するなら、スペシャル増加がおすすめ

目的としては、スペシャルの回転率を上げるためです


スペシャル減少ダウンと迷いますが、増加を3つ装備しています

後衛の武器でデスしにくく、そこそこ塗れるので溜まりやすい方だと思います


あくまで殺傷能力はないので、メインとの併用でキルをとります

まとめ

ガバエイムでS+に行く方法

  • とにかく塗る
  • コンボ撃ちで敵を撃破
  • ギアはスペシャル系がおすすめ

 キルを取ってから塗るのではなく、塗りつつキルする

キルするには曲射や、置き撃ちだけでなく、コンボ撃ちも利用する

スペシャル増加で回転率を上げ、メインと合わせてキルを取る


射程で勝り、距離がある場合、爆破ダメージを当てると後ろに下がろうとします

射程が同程度なら撃ち合いになるので、遮蔽物を利用して曲射で対応します


注意すべきなのは、リッター、マニューバ系、ハイドラ

リッターは曲射で、マニューバのスライドはコンボ撃ちや、スペシャルで対応


ハイドラについては厄介で

最大射程は弓側が勝っていますが、爆風ダメージ込みの範囲となります

つまり一撃で倒そうとするなら、弓と、ハイドラにはイカ1匹分ほどの射程差しかありません


極端に近距離に弱いので、ほかの武器にくらべ狙われやすいです

まずは塗りまくるのが重要になってきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました